FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

株主総会

昨日27日に東京と大阪で電力会社の株主総会が開かれました。

夕方のTVニュースで総会の様子が流れていましたが、東京
では副都知事の猪瀬直樹さんが、筆頭株主(多分)である東京都
を代表して質問をしていました。

すべてを流していたのではないと思いますが、彼の言っている
事はすごく当たり前でした。

東電のボーナスにも触れていて、今夏は見送るつもりらしいが
冬もそうしたらどうだとか...。今まで倒産して国にお世話に
なった社名をあげて話していましたけれど、どうなるやら。

会長の答弁を聞いていると、まるで他人ごとのような話し方で
全く誠意を感じる事が出来ません。会長職を退いても、なにか
形でお給料を支給させるために、名目をつけて席をおいたりして。

あの事故は自分たちの責任じゃないよ、ってな感じです。
いらないオエライさんは皆な首切りにしてしまえば良いのです。

少なくとも国有化されれば、お手盛り人事はなくなるのかな?
なにしろ“不愉快”の一言に尽きますね!  Y

芥川賞・直木賞

昨日のお昼にこの話題を会社でしていました。

この頃の受賞者の名前をちっとも知らないし、聞いても
全然覚えられないわね、それに年に2回の受賞は多すぎる
わよね等々、部外者の我々は思った事を口にしました。

本当に覚えている人の少ない事。
近くは東野圭吾の『容疑者Xの献身』ですね。これは受賞前に
読んでいて、面白く止めることが出来ない本でした。

ちょっと前だと花村萬月かな。この人のはかなり過激で特徴が
ありすぎるのでちょっとどうかしら....。

と、印象に残った人もいたんですね。でもこの頃の人はTVで
見て、コメントを聞いてそれでおしまい!

そうしたら昨晩、今年の芥川賞受賞者の一人で田中慎弥という人
のインタヴューがTVで流れていて、その態度の大きな不遜と
言うのか、斜に構えたモノの言い方がとても気になりました。

受賞したらならどう思って(受賞して嬉しくなければ断れば良い)
いようと喜べば良いのにと、見ていて私は不快に感じました。

素直な対応が心にも残るというものです。これって私だけ?  Y

かじまや~

かじまや~とは
沖縄の方言でかざぐるまのことです。

かじまや~という舞台が
12、13日と16日に上演されます。
「かじまや~ カメおばあの生涯
演出:栗山民也、主演:吉田妙子、
そして原作は弊社の
『沖縄の反戦ばあちゃん』平松幸三編 です♪

カメおばあは沖縄に生まれ
結婚してサイパンに出稼ぎに、
そこで戦争に巻き込まれます。
どうにか生き延びて帰郷した後に
米軍から返却された土地は騒音下。
そして反戦平和運動の先頭に立ちます。

沖縄での米軍基地問題はかなり深刻です。
本土に住んでいるとこの騒音がどのくらいのものか想像がつきませんよね。
何度か沖縄に行き、近くで聞く事もありましたが、
これが毎日続く中での生活は考えられません。

この舞台が全国に広がり少しでも
沖縄の人たちの気持ちが伝わればと思います。U




加山雄三

今月の日本経済新聞の「私の履歴書」は俳優の加山雄三です。
彼の映像から受ける印象とは違い、かなり苦労(主に莫大な
借金:もちろん、当時も報道されてはいましたが)をしていて、
けれどもそれをちっとも表に出さず、爽やかで豊かなイメージ
のみが先行していたように思いましたが、頭が良いばかりでなく
努力の人だという事が分かって、とても面白く読んでいます。
それにとても素直な男性だという事が文章から滲み出ています。
長くスター性を持って芸能界で生きて行くのは、天性のものだけ
でなく、努力なくしてはないのですね。
ただのお坊ちゃんだと思っていたのは大きな間違いでした。
今までとは違う目で、彼の活動を見たいです。   Y

森光子さん

昨日、国民栄誉賞を政府から受賞された森光子さんは
舞台「放浪記」単独主演2000回を超えるなど、「国民に
夢と希望と潤いを与えた」と麻生さんから称えられて
表彰状・盾・記念品の時計を頂きました。

89歳の森さんは「再来年は放浪記の初演から50年なので
それまでやりたい決心が固まりかけている」っておっしゃて
いるようですが、どうぞその希望が現実となってお元気で
記念公演が出来ると良いですね。

森さんは今年11月にも、来年5月にも舞台に立つ予定が
おありだそうです。すごい!の一言ですね。   Y

| ホーム |


PREV PAGE « BLOG TOP  » NEXT PAGE