FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

日韓トンネル

知っていますか、
日本(唐津、博多など)と対馬を通って韓国(釜山)がトンネルでつながるかもしれません。

もともとは
1930年代に立てられた「大東亜縦貫鉄道構想」でした。(くわしくは『日本鉄道史』刀水書房)
これは当時日本領であった朝鮮半島の南端の釜山府(現:釜山)を起点とし、
京城府(現:ソウル)を経て安東(現:丹東)から当時の満州国領内へ入り、
奉天(現:瀋陽)を経由して中華民国領内に入り、北京、南京、桂林を経て、
ハノイ、サイゴン(現:ホーチミン)、プノンペン、バンコク、マレー半島を通り
シンガポールに至る約10,000kmの路線を建設する構想だったそうです。

すご~い。

2009年12月、韓国で李明博大統領より2020年までの国土開発基本構想が発表され、
日韓トンネルの研究が盛り込まれる。
完成は最短で2010年より30年後とされていると発表。
日韓新幹線の構想もあり、
実現すれば1時間ほどで結ばれる事になるそうです。

日本側では工事は止まって?いるようですが、
韓国ではトンネルは掘られていて観光地になっているとの事。

日本が大陸とつながる日が来るかも知れません。U


スポンサーサイト




* COMMENT *

まだ生きているかもしれない。

博多まで飛行機で行って、釜山までは日韓新幹線?
飛行機で直接行くほうは速いようです。
「大東亜縦貫鉄道」はアジアを占領しようとした日本の構想ですか?

本当は『日本鉄道史』を読んで欲しいのですが・・・

もともとは「シルクロード」と呼ばれた中央アジアの地域に鉄道を敷設し、
日本領であった朝鮮からトルコに至るまでの、シベリア鉄道に次ぐ
ユーラシアの大陸横断鉄道を目指すというものであって、
シベリア鉄道はソビエト連邦のものであったため、
アジアからヨーロッパへ行く最速ルートであったにもかかわらず、
輸送が政情等に左右されて不安定になりがちだったことから、
独自でそれの代替ルートを実現させたらどうかという発案だったそうです。
日本に勢いがあったころのことでした。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP