FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

女性専用車(続)

以前にもこのブログで書いた事がありますが、出勤する時は
大体女性専用車を使用しています。
特に夏には込んだ車内で男性とぴったりくっつくのは、私も
相手もあんまり気持ちが良くないですから。

今日もいつものように最後尾に乗車しましたら、シルバー・
シートに若い男性が座っていました。
三人掛けのシートの真ん中が空いていましたので、周りが
全部若い女性だったので、男性のお隣に座ったのです。

内心では一体全体この男性はどうしたんだろうと思いながら、
平気な顔して本を読み始めたのですが、とても気になって
周りの女性達を観察してみたら、全く彼がそこに存在していない
ような顔をしているのです。

本を読んでいても落ち着かず、余程耳元で「ここは女性専用車
ですよ。よく御覧なさい」って囁こうと思ったのですが、恥を
かかすのもどうかしらとか、近頃の若い人はカーっとなって
殴られたら怖いしとか考えたら、この人がここにいても何の
害もないし、誰も何にも言わないから良いやって、やめました。

その後神保町に着くまでに何回も携帯電話(彼が座っているのは
シルバー・シートなのに)が鳴ったり、周りを見ても女性だけと
いう事に気がつかず、こんな鈍感な男性は、私が会社の同僚・上司
だったら絶対に嫌だと思い続けて電車を降りました。

皆さんだったら、どうなさる?   Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

私はこう思います

シルバーシートにせよ、女性専用車両にせよ、いわゆる“協力を求められている人”が協力しなかった場合「こんな奴は嫌だなあ」という見方をされてしまいます。逆に協力したとしても、「決められた制度に従うのは当然。もしこの制度がなかったら老人に席を譲らない(女性に痴漢をしている)のだろう。」、つまり「元来は親切などすることはない人間だ」という見方をされることにはなります。つまりどちらの出方をしても否定的な感情しか生まれないのではないかと思います。

こういった制度の問題はとかく“協力を求められる側”ばかりが問題になりますが、実は“協力を求める側”あるいは“協力を受ける側”の「協力するのが当然」という姿勢も改める必要があるのではと考えます。

なんごともルールを守らない人を見ると注意したくなる私は、東京メトロン星人さんの考え方はまったく思いつきませんでした。Yさんと同じようなことになれば、隣の若い男性をちら見しながら、イライラしているでしょうね。でも、注意はしません。殴られて怪我をしては困りますから。
最近は、規則もルールも守らない、道徳観念も思いやりも無く身勝手な人たちや行為が多くなったように思うので、やはりルールや規則は守らなければならないと思います。

それってあくまで「協力願い」だがら違法でもないし、女性専用車両への抗議として故意に乗車している方もいるようですがどう思われます?

コメント有難うございました。東京メトロ星人さんの意見は本当にそうだなって思いました。どうも表面に書かれているものしか見る事が出来ない性質の私なんかは、女性専用車という文字を見ただけ納得していましたから。心(気持ち)の問題なんですから、本人次第で良いのですね。ゲゲゲさんのように抗議として故意に乗車している人がいるのも無理はないかも知れません。こうしてみると、結構考えさせられる事だったんですね。本当に色々な意見を有難うございました。

その男性は性同一障害、男性恐怖症などで女性専用車輌へ非難してきたのかも?
あくまで「協力願い」ですが、私なら協力したいと思いますが、十人十色、すべての人に協力を求めるのは無理ですね。

東京は、いろんな人がいますから、男性にみえる女性でなかったの?

私は男性が何か理由があって女性専用車に座っていても構わないのですが、この男性は傍で見ていてとても無神経な感じがして厭だったのです。ただこのブログに書いたおかげで、自分とは感じ方が違う方の意見が分かりとても良かったと思っています。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP