FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

フィリピンの学校事情

フィリピンでは今月15日から新学期がスタートしましたが、
一部の公立校では教室不足で入学を断れる親子が続出したそうです。

人口密度の高い地区のバタサンヒルズ高校では
在校生が約1万1500人のマンモス校で、
授業は1・4年生が午前6時~12時半、
2・3年生が午後1時から7時半の2部制です。
教室の数は84で
約70平方メートルの教室に
最大で約90人の生徒がすし詰め状態で学んでいます。
この状態に扇風機もないということですから、
勉強どころではないですよね。

9年間続いたアロヨ政権はその成果の一つとして
「万人のための教育達成」を強調していたそうですが、
乏しい設備と劣悪な教育環境でも、なんとかやるしかないから、
教員も生徒も我慢を続け、状況に慣れてくる。
そこに政府が甘えている現状だそうです。

来月からアキノ新政権になりますが、
本当に万人が同等に教育を受けられる様になれば
フィリピンも変わってくると思います。
この国の母国語はタガログ語ですが、
授業は英語で行われるので英語はみんな理解出来るのです。U

(フィリピンの義務教育は小学校の6年間と高校の4年間です)
スポンサーサイト




* COMMENT *

頑張れ、アキノ!!
政権が代わっても世の中が変わるには時間がかかりますね。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP