FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

マハートマ・ガンディー

一度はどこかでこの名前を聞いた事があるでしょう。
マハートマとは、“偉大な魂”という意味だそうです。
本名はモーハンダース・カラムチャンド・ガンディー
と言います。

たまたま弊社が購読している季刊誌に彼の特集がありました。
今までインド独立のために闘った偉大な人というイメージしか
持たずにいた私にとっては、とても興味あるものでした。

1869年に商人階級(バンヤー・カースト)の4男・末っ子に生まれ、
祖父も父も宰相の経験者であり、父母の愛情をたっぷり受けて
小学校・高等学校・カレッジへと進みましたが、大学の時に
父が亡くなって生計を立てるために、弁護士の資格をとろうと
イギリスへ渡ります。この時19歳で、13歳の時に結婚した妻と
赤ん坊の息子と母をインドに残していきます。
後年ガンディーは渡英の理由として、「一言でいえば、野心だ」
と語っています。

熱心なヒンドゥー教信者の母の教えを守り、酒・女・肉食を戒め
イギリスで西欧近代文明の壮大さにふれて、弁護士となって
帰国しました。
その時には母はすでに亡く、開業してもうまくいかず、1893年に
ムスリム商人の民事訴訟事件のために南アフリカへ渡ります。
現地で人種差別を受け、もちろんイギリスでもそうでありましたが、
一生をかけて貫く“非暴力的抵抗運動”を始めるのです。

1948年1月30日にヒンドゥー教の狂信者に3発の銃弾で撃たれるまで
 ①暴力をもって迫ってくる権力に対して民衆を組織する
 ②真実を主張して、屈辱を誇りに変えて闘う
 ③完全勝利を勝ち取るより双方が負けない結果を導く
という信念でインドの独立を得たのです。

彼の最後の言葉は「おお、ラーム」でした。   Y


スポンサーサイト

* COMMENT *

彼の最後の言葉の「おお、ラーム」が何のことか調べたら「おお、神よ」(「ヘー ラーム」)とウィキペディアにありました。

そうです。アラームという言葉があります。神様の意味です。ガンディーは敬虔なるヒンドゥー教徒でもあったのです。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP