FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

喪中はがき

年末になるとどなたでも一枚か二枚かは喪中はがきが
届きます。
皆様はいつもどうなさっていますか?

私は2月頃に寒中お見舞いを出すようにしていたのですが、
『日経プラス1』の「実践マナー塾」に対応の仕方が載って
いましたので、簡単にご紹介します。

①小寒(1月5日)を過ぎてから寒中お見舞いを出す
 (一般的には寒中お見舞いが主流)
②12月中に、喪中ハガキを受け取った旨の返事を出す
 (ハガキを頂いたらすぐにお返事しても良い)
これを書いてる方はすぐにお返事するのが礼儀だと思って
いらっしゃるようです。

それと「寒中お見舞い」の「見舞う」というのは本来、見舞う
側が優位に立つ表現だとされ、目上の方に使うのは失礼だという
考え方あって、「見舞う」の代わりに「伺う」を使用すると、
より相手を立てた表現だそうです。
「寒中お伺い申し上げます」となるわけですね。

年賀状を投函した後に届いた時は、すぐに失礼をお詫びする
ハガキを出すのが良いようです。

一年に一度のお便り交換になっている年賀状、と考えている方も
いらっしゃると思いますので、失いたくない知人の場合はご挨拶
するのは大切ですね。    Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

最近は、「母が、父が亡くなりました」という喪中はがきが多くなりました。まだ、一度も喪中はがきを送ったことはないですが、喪中はがきを日も近いですね。自分が年を取るごとに、両親も年老いていきます。

決して後悔する事のないように、両親共に孝行してあげて下さいね。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP