FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

本の装丁

弊社はとっても小さな出版会社だと、以前にもブログに
書きました。

小さい会社ながら志しは大きく、歴史書を中心に色んな書籍
を出版しています。
大体A5・四六(本の大きさです)の本が中心で、箱入りのもの
とカヴァーをした物などがあります。
箱入りのものは殆ど地味なボール箱で、表と背表紙に書名が
入っている、見るからに固そうな書籍です。
それに比べるとカヴァーのものは、読者の目を引くように考え
られているのです。中味はやはり難しいのですが.....。

ちょっと前に作らせて頂いた歌集の装丁で、なかなか大変な
事が起りました。
とっても綺麗な布(タイトルにピッタリの)を選んだのは良かったの
ですが、これが見かけに寄らず手強い奴だったんです。
仕上がりも綺麗だったし喜んでいたら、表紙の端がほつれるような
感じで、幸い弊社にはとても手先の器用な女性がいるもんですから、
事なきを得ました。

そんな訳で弊社では、“綺麗な顔やスタイルに目が眩み、付き合って
みたらどうしようもない性悪女だった”と例えています。
それにしても、騙される程綺麗な装丁なんですよ。    Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

中身と見た目が違うことは良くあること。じっくり付き合ってみないと判らないですね。私も時々恐いなどと言われますが、実はとてもやさしい好いやつなのです。(自己判断???)

そうですか、それは損をしていますね。人間も年を重ねるに連れて、中味がだんだん表に表れて来ますから、大丈夫ですよ。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP