FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

世界選手権

26日から始まった世界選手権の競泳で初日から、8種目で
6個も世界新記録が出ました。
その大きな理由は水着にあります。
ポリウレタンやラバー素材の新型高速水着を着用しての結果です。
来年からの新ルールは素材や大きさの制限があり、記録ラッシュは
今大会が最後とも言われています。

スイマーが受ける抵抗は「造波(泳ぎで生じる波)」「形状」「摩擦」の
3つがあり、影響度は50・40・10%で、造波抵抗を防ぐのは難しく、
体形に基づいて起る形状抵抗と摩擦抵抗を減らすためにメーカーは
工夫を凝らすわけです。
生地表面の凸凹が少ないラバーは極限まで「摩擦抵抗」を抑えるため。
男女共に上半身を覆うのは、水着で締め付けて体の断面積を小さくし、
形状抵抗を減らすため。

米国水連が提案して日本水連も賛成した新ルールは、選手の能力を
超えた行過ぎたスピード化に歯止めをかけるためだそうです。
そのために、新ルール案では、水着が体を覆うのを男子は「腰から膝」、
女子は「肩からひざ」などにしました。

選手達が水着に依存する事なく、実力を平等に発揮出来るようになるの
なら、良かったですね。     Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

新ルール、大賛成です。
高性能水着を購入できる選手だけが、恩恵をうけて世界新記録を出すのは不公平です。去年の北京オリンピックでも、世界新記録を出したのはほとんどが高性能水着を着用した選手です。1国に1選手が参加できるオリンピックなら、使用できる水着も公平にするべきです。野球などの球技、ハンマー投げなどの投てき競技など、どの競技もボールの大きさ、重さなど規格があります。タイムを争う水泳も水着がタイムに影響するなら、規定を決める必要があると思います。今のままでは、水着で勝負が決まってしまうように思います。スポーツ用品メーカーの開発が早すぎて、競技の規定変更が追いつかないようですね。

スポーツでも文化でも、一度原点に立ち返って物事を見詰め直す時期なのかも知れませんね。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP