FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

吉岡秀人医師

久し振りに『情熱大陸』から.......。
こんなに素晴らしいお医者様がいるんだと感動が胸に
迫りました。
昨晩のTVでミャンマーの無医村で無償奉仕をしている日本人
小児科医師の番組を放送していました。
彼は幼い頃になにかのきっかけ(TVで聞き漏らしましたが)で
医師を志して、2年の浪人の後に大分大学の医学部に入学して、
多分卒業程なくして、ミャンマーに「ジャパン・ハート」の代表と
して渡りました。
映像では、幼い子供達が様々な病気になっても、貧しくて治療が
受けられず、吉岡医師のところにはそんな子供達が沢山集って
いました。
病院といっても名ばかりな劣悪な環境の中で、頑張っています。
一人の子供は骨が欠損して脳の一部が出ていて、顔の真ん中が
腫れて、そこでは手術も出来ず、抗生物質を投与して抑えている
状態です。(番組の中でこの子は、日本で吉岡医師の先輩の病院で
チームを組んだ先生達に、手術をしてもらえる事になりました)
もう一人の子供はヘルニアで、全身麻酔が出来ずに部分麻酔(30分
しか効かない)で、10分位で手術して成功しました。
口蓋裂の子供は、なるべく早くすればする程効果があると言う事で、
手術の順番がとても混んでいても、すぐに手術をして上げると
いう、本当に子供の事を考えた医療をしている様がTVを通しても
良く分かります。
彼には男の子(2歳と4~5歳)が二人いる事も影響しているのかも
知れませんね。
奥様も日本で小児科医をしていて、彼の経済的支え・精神的支え
にもなっていて、それが又、淡々とした女性でとてもステキでした。
自分を必要としてくれる人がいるからするんだと簡単な理由、でも
とても大変で大きな理由で、今もチームを組んでミャンマーで頑張って
います。
悪徳医師と言われる人にも観てもらいたいです。    Y
スポンサーサイト




* COMMENT *

お金儲けばかりを優先するような嫌な話ばかりなので、心を打つ素敵な話題がたくさんあると良いですね。

再放送したら、是非ご覧下さい。『すごいね、すごいね』ってしか言えなかったもの。

世の中には人のために生きる人がいるんですよね。
それも家族がいるのにとても出来る事ではありません。
奥様は昔は一緒に活動されていたみたいなので、
理解があるのだと思いますが、
子供たちはなかなかお父さんに会えないのですから、
簡単に出来る事ではないですね。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP