FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

東大寺

日経にちょっと興味深い記事が載っていました。

「紙で守る」という特集です。

その昔東大寺の正倉院は、天皇が親署(天子や身分の高い人などが、
自分自身で署名すること)した一枚の紙、勅封紙で閉じられていたんだ
そうです。

紙で閉じられただけの扉は誰でも開けようと思えばあけられたのに、
一度も誰にも開けられた事はなかったのです。

盗賊被害がなかったのではありません。校倉造りの床下から侵入されたり、
裏から入られたりしたのです。でも、宝庫の扉の紙だけは盗賊さえも畏れた
のです。

今では、その勅封紙は錠前に代わりましたが、名残はあるんですよ。錠前に
巻付ける麻縄には、竹皮で包んだ勅封紙が編み込まれています。

簡単に破く事の出来る紙にも強い力が宿っているんですね。

寒中に行われる「お水取り」の時に、選ばれた練行衆が纏うのも白い紙で
出来た衣です。

どうして紙の衣なのか? 東大寺では「紙であれば、蚕を殺さずに済むから」
なんです。殺生をしてはならない、という仏教の戒律を守るためですって。

松明の火からも紙が守ってくれると信じる心があるから、紙の衣でも全く
平気なんですね。

東大寺ってなんかすごいです。あの有名な蘭奢待という香木が正倉院に
眠っていますが、それぞれの字の中に「東・大・寺」が隠れているという話
は御存じの方も多いでしょうね。   Y

p.s. 錦織圭選手は準優勝でちょっと残念でしたけど、一億円のボーナス
   が戴けて良かったです。チームの人達の面倒をみないといけないから。
スポンサーサイト




* COMMENT *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP