FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ヒチコックの『鳥』

昨晩NHKBSプレミアムで『鳥』を放映していました。

どんなに昔観たかよく覚えていないのですが、昔の家で廊下があった
事を思い出しました。何故って、映画を家族で緊張して観ている最中に
突然庭から雀が廊下に入ってきたんです。その時に皆の驚いた事と
言ったら!

何しろすごく怖い映画だったと記憶しているのですが、細かい筋書き
は忘れていました。もしかすると中学生くらいだったのかも。

ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。理由もなく突然鳥たちが人間
を襲ってくるんです。

恐怖ばかりでなく男女の恋愛も絡めてあるし、親子関係の在り方も描
かれていて、昔観た時より筋書きも理解出来てとても面白かったです。

何しろ2時間あまりの間に「鳥」が画面に沢山沢山写って、「鳥」嫌いな
人だったら気絶するでしょうね。

ただ昔の映画のせいか血の色等が稚拙で、それが却って怖かったりして。

以前何かで読んだのですがその頃はCG等も無かったので、ヒチコックは
すべて本物の「鳥」で撮影したようです。一体あの沢山の「鳥」をどうやって
コントロールしたのかと、不思議だしやっぱりすごい監督です。  Y
スポンサーサイト




* COMMENT *

「鳥」は1963年の作品です。
最初に見たのが何時だったか忘れましたが、顔を覆った指の間から見てたように思います。
恐ろしくて仕方ないのに、テレビで放送されるヒッチコック劇場を毎週見てました。
終わった後は、怖くて怖くて家の裏にあるトイレに行けなくて、姉と連れ立って行ってました。
一番記憶にあるのは、ある囚人が監獄で亡くなった囚人を埋葬する墓堀人夫に脱獄の手伝いを依頼する話で、亡くなった囚人の棺に潜んでいて、埋葬後に墓堀人が掘り起こすというドラマです。
でも棺の中で隣にいたのは、亡くなった墓堀人夫でした。あ~、恐ろしい(ー_ー)!!

折角書いて戴いたお話なのですが、ちょっと分かりませんでした。機会があったらゆっくりと。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP