FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

五十三次⑮

15回目の五十三次を昨日の日曜日に歩いて来ました。

今回も渋谷集合でバスに乗り、全員24名が東名の遅れもなく
沼津城跡から出発しました。原宿までですが、今回の五十三次を
歩く事になり、初めて原宿なんてのがその中に入っているのを
知りました。

沼津城はかつて三枚橋城が起源で、一度は廃城になった後に新たに
沼津城が築かれましたが、明治の始めに建物は解体されました。

その近くに乗運寺という若山牧水の菩提寺があり、いまでも立派な
お墓がありました。

狩野川にそばには千本松原が田子の浦まで続いていて、若山牧水の
歌碑や井上靖文学碑などがところどころに建っています。
若山牧水という人は大酒のみでしょっちゅう家にもおらず、奥様は
大変な想いで4人の子供を育てんだそうです。

井上靖の文学碑はアートな感じで、碑のまわりには彼の作品の名が
網羅されて刻まれていました。

千本松原の途中でバスに乗り沼津漁港の市場の中で昼食でしたが、
すっか冷めてしまった鯵のフライ定食で、なんだかショックでした。
硬いフライは人生の中で初めての経験でした。

昼食後に再びバスに乗って千本松原に戻り、首塚の碑(明治33年5月の
暴風雨の時に、倒れた松の根元から多数の人骨が発見されて、これは
1580年の武田と北条の戦―千本浜合戦-の時の戦死者たちを弔った)に
寄り、六代松の碑(清盛の孫で六代と呼ばれた若武者が処刑された後に
首を埋めた松を記念したもの)を見て、小さな前方後円墳(神明塚と呼ば
れています)まで歩いて、最後にあの有名な白隠禅師(今年の春に東急の
文化村で白隠の書や画の展示がありました)ゆかりの松蔭寺によりました。

このお寺には大きな松がありその天辺には擂鉢がかぶせてあって、これは
白隠が殿様から拝領した擂鉢を、台風のために裂けた松の枝の雨除けに
かぶせたら、そのまま大きくなったという事です。

本堂の奥には白隠を模したものがおいてあり、それは白隠にそっくりなんだ
そうです。

丁度4時くらいにバスの乗って、帰りは又事故渋滞に巻き込まれて、渋谷に
着いたのは1時間遅れの7時半でした。

仲良くなった人たちと次回の歩きを約束して、帰路につきました。  Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

歩きは充実していましたが、昼食はがっかりですね。
「沼津漁港の市場」でと言われれば「前回の鰻半分よりは」と
少しは期待しますよね。
東京から遠くなり交通費が高くなるので、昼食の予算が減っているのかも?
次回も昼食は期待せず、歩きを楽しんでくださいね。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP