FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

式年遷宮

昨晩NHKで天武天皇と持統天皇の番組をやっていました。

その中で伊勢神宮の式年遷宮の事も取り上げていました。

そもそも式年遷宮を始めたのは持統天皇だったらしく、簡単に
遷宮の仕組みを説明してくれました。

20年ごとに建物や宝物もすべて新しく作り直し、建物は現在ある
ものの隣に同じ敷地があって、一年位掛けてそこに新しいものを
拵えるのです。

今年は60、何回目かの遷宮ですから、1200年以上も建てては
壊してきた訳です。

一体どうして千年以上も前からこんな事が続けていられるのかと、
とても不思議です。それに今後ずっと続いていけるのでしょうか。

今の時代だって宮大工はとても少なくなっているし、宝物もいくつも
あるものを新しく作り直すなんて、どれだけの金額が掛かるのでしょう。

これは天皇制とも結びついているかも知れないので、これから百年経った
時にも継続されているかしら?と思ってしまいます。  Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

もっともですね。
宝物を作ることのできる職人さんや技術も失われないようにしていくことも大切です。
新しい社を建てるための大木などを調達することも難しくなりますね。
宝物の展示があるようなので一度見てみたいですね。
画面で見ただけでも素晴らしいものでした。

費用につて調べたら下記のような説明がありました。

明治政府の立憲君主制確立後は、国費から出ていました。
昭和28年に数年来の工事等が完了した第59回までは国費だったようです。
敗戦後から始まった式年遷宮は、時代の趨勢に伴い、任意の個人会員による「伊勢神宮式年遷宮奉賛会(現・伊勢神宮崇敬会。)」の善意の募金及び全国神社のトップとしての管理機関「神宮司社」の積立金でまかなわれてます。

そうなんですか。調べて下さってありがとうございました。
国費でなければ、こういう事に反対する国民がいたって、反対出来ないですものね。昔からある伝統的な儀式を続けていくのは、大変なことだと思われます。それでも続けていくことに意味があるので、頑張って欲しいです。宝物の展示を拝観したいですね。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP