FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

認知症サポーター

本人の意思に拘わらずに「認知症」は誰の頭にも忍び寄って来る
ものです。

認知症になっている事を自覚出来ないで、銀行など金融機関に
迷惑を掛けることもあります。

そんな時代背景を考えてか東京都民銀行では、全行員に対して
認知症についての正しい知識を身に付けた「認知症サポーター」
を養成して、認知症に対する理解を深め適切な対応が出来るように
しています。

本店や各営業店に認知症の専門ノウハウを持つ講師「キャラバン・
メイト」を一人以上配置して、その「キャラバン・メイト」が内勤
職員や営業担当者に向けて、それぞれの店舗で適切な対応方法を
指導する講座を開催するそうです。

銀行では3月末までに約1,700人の全行員が、認知症サポーターの
資格を取得する予定です。

こんなサーヴィスはとっても良い事ですが、悪い人が真似をして
認知症のお年寄りやその家族を騙したりしないといいんですが。 Y
スポンサーサイト




* COMMENT *

認知症がどのようなものか知ることは良いことですが、お客様が認知症かどうかを見分けるのは難しいでしょうね。
認知症の父がインフルエンザに罹ってしまって、熱が下がっても寝室で寝ているように言ったのですが、すぐに忘れてしまい、母にうつすのではないかと心配です。

ご両親も高齢化してくると心配事が増えます。気も遣い体も使いおまけにお金まで使う人だって沢山いらっしゃると思います。仕方のない事ですが、自分まで病気にならないようにしなくては。

ご心配ありがとうございます。
寝室から食事とトイレ以外出ないこと、インフルエンザはうつる病気で母の傍に寄らないようにと書いた紙をそこら中に張り付けて、週末を過ごしました。何でもすぐに忘れてしまいますが、指示書があればその通りにできるので、とりあえずウイルスをまき散らす時期を越したようです。今日から隔離生活から解放しましたが、デイサービスは金曜日の診察まで行かれませんので、まだまだ大変です。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP