FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

五十三次⑦

新年最初の7回目は藤沢宿からのスタートで、次の宿場は平塚のはずなんですが
距離が結構あるらしくて、茅ヶ崎まででした。

この頃はとても寒いので着るものには気を使ったのですが、昨日は一日中とても
良いお天気だったので寒さを感じる事もなく、途中で上着を脱いで歩いている人
もいました。

いつもの様に駅前で先生を囲んで準備体操をすることから始まって、総勢30名が
縦一列でスタートです。

「常光寺」というお寺には天然記念物の樹林があって、県の名木百選にも指定
されている大きな萱(かや)があり、先生に“古い大きな木からは気が出ている
から触って体に気を入れると良いよ”と言われて手を当ててみましたが、すぐには
気は入って来ないようですね。

昔藤沢宿で繁盛していた旅籠屋の「小松屋」という所があって、そこの主人は
とても優しい男性だったらしく、自分の所の飯盛り女(宿場には必ずいた女性達)
が亡くなると、丁重に弔ってお墓まで立ててあげたそうです。その自分の飯盛り
女に対しては人間に対するような扱いをされていないのが普通なのに、この
小松屋さんは例外だったようです。亡くなるとそこら辺に穴を掘って投げ込んだ
と言う事です。ちなみにこの女性たちの平均寿命はたったの21歳位だったんですよ。
近くに末裔が経営しているというラーメン屋さんがありました。もちろん屋号は
「小松屋」でした!

そうそう「義経の首洗井戸跡」なんてのもありました。
義経は奥州平泉で討ち死にしたのは有名ですが、判官びいきというのがあって
日本全国あちこちに義経の足跡を残しておきたがるそうです。

この井戸跡は、義経が亡くなった後に首実検のため鎌倉へ送られたものが片瀬の
濱に捨てられて、境川(藤沢に流れている川)を遡ってこのあたりに漂着したもの
を、里人が拾ってこの井戸で洗い清めたと伝えられています。
目立たない小さな井戸でした。

茅ヶ崎を目指して歩いている時に、遥か彼方に綺麗な富士山が見えました。藤沢
に行く時にも小田急線の中から富士山が見えましたが、本当に大きくて綺麗な
山ですよね、富士山って!

パンフレットに見どころとして「松並木」って載っていたので期待していたら、
アっと言う間に通り過ぎてしまい、あれは何だったんだ!

今回もそんなに疲れず前回と同じ講師の先生だったし、仲間もだんだん増えて
楽しい一日をおくれました。  Y
スポンサーサイト




* COMMENT *

今回も元気よくご返事出来ましたか?
ずいぶん慣れてきて、ますます楽しくなってきましたね。
これからは陽気が良くなりますが、東京からはどんどん遠くなりますね。
次回も気をつけて楽しんできてくださいね。

はい、有難うございます。頑張って楽しみます!

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP