FC2ブログ

プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『日系人戦時収容所のベースボール』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

渡辺淳一さん

日経で元旦から連載が始まった「私の履歴書」は作家の渡辺淳一さんです。

この「私の履歴書」は日本人や政財界の人とは限らず、広く書き手が交代
します。

以前もこのブログで話題にしましたが、女優の佐久間良子さんの時は
とても興味深く拝読して楽しみました。

私の友人に渡辺淳一さんの小説が大好きだった人がいて、若い時に殆ど
彼の本を網羅したと覚えています。私も拝借して読ませて頂きました。

彼は日経に『愛の流刑地』なるものを連載して、私も毎日読んでいました
が、かなり過激な描写で評判でした。

以前(かなり前)のちょっとエロティックな表現の時は柔らかくて、女性
の心の動きも控え目な描写だったので、読んでいて想像力を働かせて
結構気に入っていました。

『失楽園』の頃から直接な表現になってきたように思うのですが。
それでも読み易い筆致は今でも好きですね。

彼がどんな環境で小説家を志すようになったのか、これからの「私の履歴書」
がとても楽しみです。   Y
スポンサーサイト

* COMMENT *

初期の作品で「阿寒に果つ」という小説がありましたが、彼の高校生の頃の実体験に基づいた小説です。
ずいぶん色々読みましたね。
印象にあるのは、戦争で負傷した片腕を切断された人と切断されなかった人の人生を描いた「光と影」、「阿寒に果つ」、題名は忘れましたが、自動車事故を起こした男性の話などです。
どの小説もYさんのおっしゃる通り、想像が膨らむ描写が多いですね。
切り抜きをお待ちしてますね。

もちろん、そのつもりです。

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP