プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

花冷え?

半月前には今日の寒さは全く予知出来ずに、今週末は「お花見」
の真っ盛りだと思っていました。

一体全体どうしたのでしょうか?

世の中、政治のぐちゃぐちゃ含めて、に対する天からの意地悪
なのでしょうか、それとも・・・。

会社の女性と年に一度のお花見を企画して楽しみにしていたのに
これでは風邪をひいてしまいます。だからと言って止める訳では
ありませんよ。

例年お花見の後でお食事するので、この頃は決まって行く所が
あります。

千鳥ヶ淵からずっ~と左手に皇居を眺めながら歩いていくと半蔵門
に辿り着き、以前勤務していた会社の近くにある「カレー専門店」が
欧風でいつまでも味が変わらず、私は大好きです。

閉店している困るので2~3日前にお花見とレストランのチェックの
ために、一人で歩いてきました。

お花は可哀想なくらいに咲いておらず、やっぱり桜は7分咲きから
8分咲きが素敵ですね。

とにかく風邪をひかないようにしなくっちゃ!   Y
スポンサーサイト

利休忌

毎年3月の恒例行事として「利休忌」をしていますが、今年も日曜日に
楽しくしました。

i以前もこのブログで書いていますが、今年のお花がとても綺麗で大感激
だったので写真を載せますね。

利休忌には「回り花」というものがあって、参加した人全員で一つの花器に
順番にお花をさしていきます。途中で抜いたりもしますが。

普段一人でお花を活けているのとは違うものが出来上がって、とっても
嬉しいものなのです。今回は花器が一つでなくてもう一つ用意したので
もっと楽しいものが出来上がりました。

最後の写真は余ったお花を玄関に活けました。  Y

17年3月26日床の間二つ
2017年3月26日床柱
2017年3月26日の間小
2017年3月26日玄関 (2)

籠池氏

沢山の方がご覧になったと思いますが、国会の承認喚問を観て
全くすごい人だなあと感心しました。

彼の言っている事が全部本当だったら、辞めざるを得ない政治家が
あちこちにいるでしょう。

もし、大嘘だったとしたらとんだ役者です。

総理夫人は証人喚問を受けなければ身の潔白を証明する事は
難しいですね。

3月中にけりが付くかは、政治家たちの生き方・信条に掛かっている
ように思います。尊敬出来る政治家であって欲しいです。  Y

国会証人喚問(都議会も)

なんだかこの頃の我が国はどうなんてんだろう?
小説やテレビの中の世界なのかしらと思うような、面白い(不謹慎)
不思議な事が起きています。

豊洲の問題で都議会の百条委員会なるものが久し振りに行われ、
昔の颯爽とした姿は微塵も無くなった石原氏が喚問されましたが、
全くボケ爺さんを相手にするものだから、矛先も鈍って何も解明されず
何のための開かれたのか、馬鹿みたいだったと誰でもが思ったでしょう。

明日は例の籠池氏が国会で色々と話すそうで、これだってどうなるんだか
分かりません。
彼が話したら都合の悪い政治家がゴロゴロいそうだし、そうかと言って
籠池氏は話がコロコロ変わるから、本当の事を話しているのか怪しいし
何だか茶番劇を観させられるのかも知れませんね。

マスコミは面白おかしく取り上げるけど、税金を一部のバカみたいな
人達に好いようにされるのは許せませんね。

国民(都民)が“本当にそうだ、良いことをやるね!”なんて言える政治家が
これから出て来るのかしら?   Y

今週も今日で終わります。ってこの頃土曜日に働いている人は
かなり少ないと思っていますので。

いつまでも若いと思っていても加齢現象は誰にでも(一部芸能人で
驚異的に若い女優さんもいらっしゃいます)平等にやってきます。

洋服で隠れる部分は見せなければ全然OKなので心配ありませんが、
顔だけは一日中他人様の目に晒しているわけで、ニュートンは発見した
引力の法則に従って皺が出来るのです。

何とか少なくなるようにとか目立たないようにするために頑張っている
のですが・・。

私はTVの販売番組は殆ど観ないのですが、一緒に働いている女性が
結構好きなので色々と教えてくれます。

今だけ○○円です! こんなに効果があります、是非!ってな文句で
視聴者を誘うんですね。

昨日のお昼に美白と皺取りで盛り上がり、そんなに効果(人によって様々)
があるんなら、ちょっと購入してみようかと思案中です。  Y

東日本大震災

明日であれから丸六年になります。

どうしても普段の生活の中では「東日本大震災」を思い出すのは
なかなかありません。

3月に入ってどこのTV局でも関連のニュースや特集を流しています。

その中には今まで一度も出なかった映像や、知らないでいた人達の
生活・思い出・活動などが放映されていますが、あの大災害にあった
方たちすべてが過去の事だとは思っていないのを実感すると、当事者
とそうでない人との温度差に、「あ~そうなんだよね」ってしみじみと
感じています。

6年前のあの時を思い出すと今でもドキドキしますから、大切な方が
亡くなった沢山の人は一体どんなでしょうか。

いつでも生活の中にその想いを持っているのは無理かも知れないけど、
出来ることがあったらお手伝いしたいとは思っています。  Y

ごめんなさ~い!

いつものことながらあっという間の一週間だったので、先週は一度も
ブログを書かずじまいでした。

3月3日の桃の節句もあったのに、我が家に伝わる百年以上前の大切な
お内裏様の写真もアップしないで過ぎていきました。

この頃よく話題になるようですが、「お内裏様」というのは男雛と女雛の
ペアを呼ぶのであって、男雛のみの呼称ではありません。

だから「雛祭り」の中で「お内裏様とお雛様」と歌うのは間違いなんです。
私の中ではその事は当たり前だと思っていたら、勘違いをしている方も
多いようでした。

もう一つはお内裏様の飾り方で、これも以前にブログに書いたように
思いますが、男雛を左でも右でもどちらに飾っても間違っていません。

「西洋式―インターナショナル」であるか「中国式―古来からのもの」か
の違いで、昔は「中国式」が主流であったのようですが、昨今は殆ど
「西洋式」みたいです。

男雛が刀を差していますので「西洋式」の方が抜く時、もし刀を抜くなら
手が邪魔されませんよね。    Y

| ホーム |


 BLOG TOP