プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

仕事納め

今日28日が仕事納めという方が多いのでしょうか?

弊社は毎年最終日に忘年会、それも会社飲みでする事になって
います。それも景気が悪くなってきて、外でやれなくなってきたので
始めたのですが。

でもそれが案外楽しく、おまけに安価に出来るんです。会社の近所
にもスーパーがありますから、おつまみや飲み物もふんだんです。

ただ25日が請求書の締切日なので、今年のように26日・27日が土日
なんてなるととっても大変です。今日中に全部済ませなくちゃいけない
ので、時間が足らなくなるかも。

頑張って終わらせて忘年会の準備をしなくちゃ!

今年一年も沢山の方にこの拙いブログを覗いて頂いて、本当に感謝
しています。どうぞ来年もなんとか沢山書くようにしますので、応援を
お願いします。お体に気を付けて、良いお年をお迎え下さい!  Y
スポンサーサイト

今日はクリスマス!

すっかりブログにご無沙汰しています、ごめんなさい!

年末は本当に色々あって時間がとれず残念です。

街にジングルベルの音楽も全然流れず、TVでもクリスマスの番組
を取り立ててやっていなくて、昔はあんなにあふれていた街頭の
クリスマス・ケーキも売っていなくて・・・。

季節の風物詩がどんどん無くなっていきます。

昨晩我が家では、前菜から始まってスープ、鶏の腿、苺のデザートを
シャンペンと共に楽しみました。もちろん仏教徒ですが。

もう一年はこの言葉を使えませんので、メリー・クリスマス!  Y

蕪のとろろ湯豆腐

本当に天候が不順な一年でしたが、ここに来て年末の寒さとは全く無縁の
お天気でした。今日は風が強くて寒い一日です。

そこで、こんな寒い日はお鍋ですね。いつもこんな事書いている気がします。

「蕪のとろろ湯豆腐」って見ただけで体があったまりそうでしょ。
(4人前)
・蕪 5~6個 ・木綿豆腐 2丁 ・水 カップ2 ・昆布 8センチ
A:片栗粉と水 各大匙1
B:醤油 50ml 味醂 大匙1 削り鰹節 4g
・薬味:生姜 大1かけ 万能ねぎ 4本

①土鍋に水カップ2と昆布を入れて30分以上おいておく
②小鍋にBを合わせて一煮立ちさて、鰹醤油を作る
③生姜をすりおろしねぎは小口切りにして薬味を作る
④蕪は皮を剥いてすりおろし、豆腐は大き目の一口大に
⑤土鍋を中火にかけて煮立つ直前で昆布を取り出し、
 すりおろした蕪を汁ごと加える。
 まわりがふつふつとしたら、火を弱めてAを加える
⑥豆腐を加え温まったら汁ごと器にとって、好みに薬味
 と鰹醤油で頂く

如何でしょうか? 簡単でかなり美味しそう!  Y

快挙、快挙!

本当に日本の若者は世界に出て行ってもちっとも物怖じせずに、100%以上
の実力を発揮出来るようになったんですね。

以前からぐんぐん力をつけてきていた卓球の伊藤美誠(みま)選手と平野美宇
(みう)選手は、ワールドツアー上位者で戦ったグランドファイナルの女子ダブルス
で準優勝になりました。まだまだ若い二人ですので将来あの強敵中国を破り、
きっと優勝するでしょう。

バトミントンでは年間上位8人、8組が出場出来るスーパーシリーズ・ファイナル
で男子の桃田賢斗選手と女子奥原希望選手が共に優勝という、素晴らしい成績
でした。優勝争いをTVで観ましたが、我々が「行くわよ~」なんていうイメージは
全く無い、すごく激しいスポーツでした。

スケートジュニアのグランプリファイナルでは、14歳の本田真凛選手が初出場で
銅メダルを獲得しました。これからどんなに伸びて行くのか楽しみです。

そうです、忘れてはならないあの人、羽生結弦選手のグランプリファイナル優勝です。
ショートプログラムもフリーの演技も前人未到の世界最高点330.43点を出して、世界中
をのけぞらしました。あんなに若いのにあの精神力はどこから出てくるのでしょう。
いつも自分との戦いで本当に大変と思います。どこかで体も心もゆっくり出来る所が
あるんでしょうね。どうぞこれからも自分に負けないように前進して行ってね。

おまけに、こんなニュースを。
羽生選手は「クマのプーさん」が大好きで、いつもリンクサイドにプーさんのテッシュ
ケースを持ってきていますが、プーさんのモデルとされているロンドン動物園にいた
雌の「ウィニー」の骨を研究した結果、彼女は大変訪問客から可愛がれた(蜂蜜・
甘い物を与えられた)ために晩年は殆ど歯が無かったそうです。  Y

年賀状

12月になって10日も経ってしまいました。

若い時(小学生の頃)に比べて今は、ちっとも師走を感じる事が少なくなって
物足りない気持ちです。まず寒さが全然違います。

昔は12月と言ったら木枯らしがピューピュー吹いて本当に「寒い!」って感覚
でしたが、今は暑いコートを着るのは年を越してからです。

それに街中に「ジングルベル」が流れていて、それだけでウキウキしたものでした。

地球温暖化は年の暮れまでも変えてしまって、ちょっと寂しいですね。

それはそうと12月と言えば年賀状の準備です。

それこそずーっと以前から我が家では「版画」を彫ってそれを何枚も自分で刷って
きましたから、そのことを考えると頭が痛いです。

「干支」の中にはデザインしにくい物もあり、この頃は彫る・刷るは私の担当で
なかなか大変なんです。来年の申年は題材としては面白いけれど、それをデザイン
するのは結構難しいのです。

今までも時々やっていたのですが、24年や36年前のデザインを覚えている友人も
少ないと思い、それに手を加えて新しいデザインに変えた事もありましたね。

今年も時間と閃きがあれば良いのですが・・・。   Y

簡単レシピ

久し振りのお料理紹介です!

今朝のニュースで11月が例年より暖かかったので、この所急に野菜の
値段が暴落していると流れていました。

一番の安値は「白菜」なんだそうです。でも白菜って一度買ってしまうと
なかなか減らないんですよね。お鍋でもそうそう食べないし・・・・。

そうしたらとっても良いレシピがいつもの NIKKEI PLUS1に載っていました
ので、これは嬉しい!と早速皆様にもお知らせしましょう。

材料:4人前
 白菜4枚(400g)、鶏のささみ2本(100g)、赤唐辛子1本
 合わせ調味料(醤油・酢大匙2、砂糖小匙1、生姜汁小匙1、胡麻油小匙2)

①白菜を長さ3センチ幅1センチの短冊切りにし、葉も軸も一緒に大き目の
 耐熱皿に広げてラップし、電子レンジで約5分加熱の後、そのままさます
②唐辛子は種をとって小口切りにし、ささみは縦半分に切って耐熱皿にのせ
 塩小匙1/4と酒大匙1をふってラップし、レンジで約3分加熱の後、さめたら
 細かく裂いておく(筋があったら除いて)
③白菜の水気を搾って、ボウルに合わせ調味料と唐辛子を混ぜた所にささみ
 と一緒に加えてあえる

これを見た瞬間に「作らなくっちゃ!」って思ったんです。電子レンジだけで作る
ので洗い物も少ないし、時間もかかりません。是非!  Y

トイレのお掃除

我が家には1階と2階にトイレがあるので、お掃除する時に1階は姉の担当で
2階は私と決まっています。

お勤めしているといつもお掃除をする事が出来なくて、大体週一でしています。
もちろん何かで汚れた時は例外ですが。

日曜日にいつもの様にお掃除をしていて、上蓋の内側と外側を雑巾で綺麗に
拭いて蓋をしてから側面を拭こうとしたら。

右目の上の所を何かが急にバンって当たったんです。

「痛~い!」って思わず叫んで周りを見渡したら、同然のことながら誰もいません。

そうなんです。自動のトイレだから、頭が動いてそれを感知して蓋が開いたんです。

全く失礼ですよね、折角綺麗にしてやったのに恩を仇で返すなんて!   Y

P.S.:羽生選手の凄かった事と言ったら。本当に頑張り屋さんで素晴らしいです。

| ホーム |


 BLOG TOP