プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

原節子さん

95歳で原節子さんがお亡くなりになりました。

かなり前から隠遁生活を送っていたので、名前さえ知らないって言う若い人達
も多いかも。

実際私だって、彼女が現役で活躍している時代なんか全く知りませんからね。

それに確かに美しい人ではありますが、端整過ぎて今の時代ではそんなにも
名前を残せなかったかもしれません。

自分の容貌が衰えていく様を見たくなかったから、表舞台から身を引いたように
書かれたりしますが、本当の所は彼女が亡くなってしまったので分かりません。

それでも亡くなっても色々書かれるのは、銀幕(古くですみません)の大スター
だった証なんですね。

どうぞ安らかにお休み下さい。  Y
スポンサーサイト

大笑い!

日曜日に姉と二人で新宿にお歳暮を頼みに行った帰りに、美術館に寄って
帰りました。

二子玉川からバスに乗った所にある静嘉堂文庫美術館です。

ご招待券を頂いたのもあったのですが、開催中の展示が「琳派」の作品だけで
おまけに国宝の「稲葉天目」も見られるので、喜んで行きました。

招待状には二子玉川から4番のバスで「静嘉堂文庫」で下車5分と書いてありました。
4番のバス亭には行く先が二つあって、片方は全然違う所を通るので「静嘉堂文庫」
には寄りません。

休日でしたので特別便として「美術館行き」というのがあって、それに乗れば安心だと
思っていたら、運良くそのバスだったのでイソイソと乗ったのです。

バス亭では「静嘉堂文庫」へ行く方達もいらして、一緒のバスに乗り込みました。

4~5番目に「静嘉堂」という停留所があって殆どの方はそこで降りたのです。私達は
折角「美術館行き」に乗ったのですから、5分歩かずにそのまま乗っていましょうと
座っていました。

次かその次が目指す「美術館」だと思っていたら、全然違う名前の停留所なんです。
なんかどんどん離れて行くのです。変だな~と思っていましたが、じーっと座っていたら
いつの間にか行く先が「二子玉川行き」になっちゃたんです。

流石にこれはどうも変だと、姉が運転手さんに聞きに行きました。

「静嘉堂文庫美術館に行きたいのですが、この美術館というのは静嘉堂文庫ではない
のですか?」と。

なんとなんと運転手さんがいう事には。
「美術館は世田谷美術館ですよ。静嘉堂文庫美術館に行きたいのなら「静嘉堂文庫」で
降りないと。まっ、このまま乗っていれば「静嘉堂文庫」に着きますからそこで降りて下さい」
ですって。

ジェジェジェ!(久し振りに使わせて下さいね)

そんな訳で二人はずっと座席に大人しく座って「静嘉堂文庫」で降りました。結局1時間
近く遅くなりましたが。

5分も歩くんだと思っていたら、「静嘉堂文庫」の地所の中(大きな山で坂を登るのです)を
テクテク歩くのであって、バス亭がそのまま「静嘉堂文庫」の真ん前と言うくらいに同じ
だったんです。

本当におバカさんでした。歩きながら二人で「さっきのバスで一緒だった人達とすれ違わ
ないと良いわね」なんて言っちゃって。

でもそんな苦労もあの「稲葉天目」を見たら、すっ飛んでしまいました。

国宝に指定されたのは当然でした。小さなお茶碗の中に宇宙がそのまま見えるのです。
皆様も一度ご自分の目でご覧になると良いですよ!  Y

止まりません!

昨日ブログに書いたばかりなのに、再びパリで起こりました。

やはり専門家と言えども彼らのやる事を推測するのは無理なのでしょう。

行動を起こす一日前にアジトをつぶす事が出来て本当に良かったけど、
首謀者はまんまと逃げてしまいました。

街中でも銃撃戦はどんなに怖かったでしょう。東京のど真ん中でバンバン
撃ちあったのと同じなのですから。

何かだ日本でもちっとも安全ではないように思えてきます。

何度も言いますが、一体彼らの行動を止めるにはどうしたら良いのでしょう?
神のみぞ知るとしたら、アラーの神でしょうか?   Y

テロ

いずれはきっと起きると思っていましたが、それがパリで起こるなんて!

フランスは人種の坩堝と言われていますから、どんな民族が歩いていても
集っていても住んでいてもちっとも違和感がないので、起こるべくしてこんな
事件が起こったのでしょう。

ほんの少し前にパリへ行った知り合いや、友人の親戚が一日前に帰国した
とか聞くとゾーっとしました。日本人が事件に巻き込まれ撒かったのは唯一
の幸いと言っても良いのでしょうか。亡くなられた方には本当に申し訳ない
のですが。

昨日はドイツでも未然に爆薬を発見したようですが、TVで専門家が話して
いましたが、もう一度事件を起こすのならドイツか英国にするでしょうと。
何故なら、ヨーロッパのつながり断つ事が目的だから。

遠く離れているからって日本だって安心していられませんよね。これから
年末にかけて街中は、いつもよりずっと賑やかになるんです。でも、爆弾
テロなんかは避けようが無いです。どうしたら良いのでしょうね?

目鼻立ちがはっきりして髭を生やして良く意味が分からない言葉を話す
人達を避けて暮らす事も出来ません。ご本人達が一番嫌な思いをしている
でしょうから。

憎しみの連鎖はどこかで断ち切らないといつもでも続きます。一体誰がいつ
一番良い解決策をみつけてくれるのでしょう。   Y

中山道歩き

先週の土曜日は今年最後(スケジュールでは12月にももう一回ありますが)
の中山道を歩くツアーがありました。

前夜からお天気が悪くて心配していましたが、すっかり天気予報の通りに
寒くて雨の一日でした。

高崎から板鼻まで約8キロで、あちこちに立ち寄っても9キロ足らずの距離
でしたから全く足の痛みも疲労感も残りませんでした。

碓氷峠を越えると中山道の趣が感じられるのですが、高崎からの行程では
まだまだ街中で面白い所も無くてつまらない歩きでした。

かつて信州に行く時に窓の外に見えた東邦亜鉛安中精錬所の近くを通って
歩いている時に、そう言えば昔ここでカドミウムの鉱毒事件があったと皆で
話したり・・・。

早く碓氷峠に行きたいですが来年の春らしく、楽しみに年を越します!  Y

宇宙ゴミ(スペースデブリ)

今朝のニュースで、インドネシア周辺の海に宇宙ゴミが今日の午後
落下するようだと流れていました。

宇宙ゴミとは「壊れたり使い終わった人工衛星、剥がれ落ちたロケット
の塗装など、宇宙空間にある人工物体」の事を言います。

このゴミは地球の周りを秒速8キロ飛び回っているのですが、このゴミ
が毎日のように地球に落下しているんですって。

この一つが今日落ちてきます。多分地表近くでは火の玉になるみたい
ですが、自分の住んでいる所に落ちたら怖いですよね。  Y

*我が家での「炉開き」終了後の床の間の写真を掲載します
炉開②2015
茶壺が飾ってありますが、床の間にはお軸を掛けるのが正式です。
茶壺の外側の紐の袋が掛かっている時は、拝見出来ません。

炉開①2015
お花は夏椿(しゃら)の照葉と白玉椿です。椿は他所のお宅にお願いして一輪だけ
頂きました

海老ワンタンスープ

近頃急に寒くなって来ましたが、夕食の時にスープがあると体が
温まってより美味しいですよね。

又々簡単お料理をご紹介します。

・剥き海老 150g/ワンタンの皮 20枚/生姜 1かけ(10g)/
 しめじ 1パック/青梗菜 1株(120g)
・A(塩 小匙1/6、酒 大匙1/2)
・B(水600ml/スープの素 小匙2/醤油 小匙2/酒 大匙1/
   塩 少々)
①生姜はすりおろし、しめじは小房に分け、青梗菜は葉と茎に分けて
 それぞれ長さ3~4センチに切って、茎は幅約2センチに切る
②海老は水気をとってから包丁であらくきざんで、Aと生姜をもみこんで
 20等分する
③ワンタンの皮に②を置いてまわりに水をつけて三角形に折り、たっぷり
 の沸騰したお湯に半量ずる、1~2分ゆで、水気をきって器に入れる
④お鍋にBを合わせて火にかけて煮立ったら、しめじと青梗菜を加えて
 1分ほど煮て、器にそそぐ

以上ですが、これをお鍋の具材として入れる時は別ゆでしないで、いきなり
お鍋に入れても大丈夫ですが、皮が破れないように煮過にご注意!  Y

炉開き

すっかりご無沙汰してしまいました。ごめんなさい!

何しろ会社でも自宅でも時間が無くて書けませんでした。

昨日は茶道のお正月とも言う「炉開き」でした。
前日から懐石の準備で忙しく、当日も7時には起きて万端整え、おまけに
お点前もしないとならず、姉が手伝ってくれても時間が足りず、もう一人の
私が欲しかったです。

12時半から始めて4時には終わる事が出来ホッとしても、それからの片づけ
が大変で、姉と二人でテーブルについて一杯やれたのは7時をとうに過ぎて
いました。

茶道を嗜んでいる者にとって「炉開き」は大切な行事です。滞りなく済んで
やっと一心地がついたので、これから少しブログに力を入れようと思って
います。   Y

| ホーム |


 BLOG TOP