プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

仕事納め

今日で弊社は年末最後になりました。

今年はブログをお休みする事がとても多くて、楽しみに待っていて
下さる一部の方に寂しい想いをさせてしまって、反省しています。

新年になると必ず実のあるブログを書こうと誓うのですが、どうも
時間がなくなって失礼してしまうのです。

何でもいいから書こうとも思うのですが、やはり心に少しでも残る
もの(今書いているのが心に残るかどうか疑問ですが)をと努力
したいです。

いつも又時々このブログをご覧になる皆様、拙い文章・つまらない
日常の事等を我慢してチェックして下さって、本当に本当にどうも
有難うございました。

どうぞ健康で新しい年をお迎えになることを、心から願っています。
来年も懲りずよろしくお願いします!   Y
スポンサーサイト

年末は大忙し!

12月も半ばを過ぎるとどなたも今年中にしなくちゃならない事
が頭をよぎりますよね。

23日は母の命日で、9時過ぎに姉と二人でお墓参りに出掛け
お墓のお掃除や植木の剪定でお昼まで掛かりました。

戻って来て近所のラーメン屋で久し振りにラーメンを食べ、
すぐに我が家に小さな庭のお掃除・垣根の剪定で3時過ぎ
までかかり、それから日曜日に彫った年賀状の刷りを始め
7時半ころに夕食に出掛け、戻ってすぐに残りの刷りにかかり
それがすべて終了したのが、11時半でした。

お風呂に入ってベッドに横なって考えたら、食事をしている間
だけ休んでいたけど、ずーっと体を動かしていた一日でした。

これから年末にかけて色々やる事があるので、考えると嫌に
なります。楽しい事を頭に浮かべて頑張らなくちゃ!  Y

バトミントン

この頃はちっともやりませんが、昔は子供のするスポーツの一つ
だったように思います。

日本の女子も結構強いペアがいましたが、もっとすごいペアが
出現しました。

高橋礼華さんと松友美佐紀さんの二人です。

ロンドンオリンピックで金メダルをとった中国ペアをストレートで
破って優勝したんです!

日本の若いアスリート達の活躍には目を瞠るばかりです。昔と
違って大舞台でもちっとも物怖じする事がないんですね。

もっともっと世界に日の丸を揚げて欲しいです!  Y

朔旦冬至

12月22日は冬至です。

私なんかは、冬至と言えば一年で一番夜が長いという認識しか
ありません。

それに煮た南瓜を食べて柚子湯に入る風習があるのを知って
いるだけですね。

何でも今年の冬至は19年に一度やってくる朔旦冬至と呼ばれる
もので、とてもお目出度いらしいです。

今朝のTV番組で放送していましたが、聞き逃したのでネットで
検索しました所、何やらとても分かりにくくて簡単に書こうと思った
のですが、出来なくてすみません。

何しろお目出度いんです。そう思って柚子湯に入って体を十分
温めて、年末年始に風邪を引かないよう!  Y

大雪

東京にはあんまり雪は降りませんが、日本全国雪のせいで
大変な事になっています。

北は北海道、南は九州まで全国に大切な友人がいるので、
何かニュースで聞くととても心配です。

もう何年も顔を合わせていない友人でも、昨日手を振りあって
別れた気持ちでいるのです。

今は携帯ですぐに安否を確認出来るので有難いですね。

この所仕事も年末になって色々やる事もあり、なかなかブログ
までいきません。でも、今年も残りわずかですので頑張ります。

そうそうひと月前位に駅前で転んで出来た擦り傷は、今も大きな
瘡蓋となって私の左膝小僧に居座っています。

この頃はお風呂に脚をつけられるので、瘡蓋がふやけてポロリ
ととれるのを待っています。だって瘡蓋が邪魔して膝を折る事が
出来ないんですから。  Y

感動、感動、ただ感動!

どうしても羽生結弦選手の事ですよね!

あんなにどうしようもなかった状態からのグランプリファイナル
優勝ですから。

NHK杯の4位は何だったんだって思いますよ、誰だって。SP
で今季世界最高の94.08点で首位に立って、フリーでは自己最高
の194.08点をつけ、2位と30点も離しての優勝です。

少し前まではどこか幼いコメントも感じられていましたけど、試合
終了後のインタヴューを聞くと、すっかり大人の男子でした。

逆境をもろともせずに、それさえもプラスにして精進していく姿は
何に喩えたら良いのでしょう。

何しろ滑る姿の優雅で力強い事と言ったら!

ベタ惚れなんです。世の小母様方が我が息子のように愛おしむ
のは仕方ないですね。

どうかこれからも大きな怪我に合わないように、もっともっと大きな
選手になって下さ~い!  Y

電卓

仕事で毎日電卓を使用しています。

先日、近所のよく買い物に行くお店(輸入雑貨など)へちょっと
顔を出した時に、レジの脇に置いてある電卓が目に入りました。

ゴールド・シルバー・シルバーブラック・ブラックと4種類あって、
盤面にはソーラーの所以外綺麗なスワロフスキーのビーズが
貼ってあります。

とってもとっても綺麗な電卓なので、手に取って(透明のカバー
があるので実際に叩けません)みたら、これは「買いだ!」と
すぐに買っちゃいました。

今週の月曜日から使っていますが、見た目とは裏腹に全く
不便な電卓でした。数字を打つ時は思いっ切り叩かないと
ちゃんと反応しないのです。

実際に何度も数字がとんで、出てきた答えが全く違ってしまい
何回か試算をしなくちゃならないし、強くたたくので指が痛いし
本当にガッカリでした。それなりの金額だったのに・・・。

前から使っている電卓の方が50倍も良かった。綺麗な電卓は
お家で使おうっと!  Y

ノーベル平和賞

この3~4日の寒い事と言ったらどうでしょう。

急に冬みたいでも、体がついて行けないので困ります。どうか
だんだん緩やかに寒くなって下さいね。

昨日のニュースで、史上最年少でノーベル平和賞を受賞する
あまりにも有名な17歳の少女、マララ・ユフザイさんの記者会見
をやっていました。

会場に入って来るときもかなり物々しい感じで、他の受賞者とは
はっきり違っていました。今でもイスラム過激派に命を狙われて
いるのですから。

記者会見での彼女の言葉は17歳の少女のものではないですね。
一度は天国の扉を開きかけた人生ですから普通の女高生とは
違うでしょうけれど、もともと頭の良い女性だったんでしょう。

マララさんが言っている事が現実になるのはそんなに近い将来
とは思えませんが、彼女がその象徴となって運動を続けて行けば
いつか必ず叶うだろうと願っています。

彼女が頭を撃たれた時に来ていた制服が、オスロのノーベル平和
センターに初公開してあります。それを見れば、言葉よりももっと強く
現実の凄さを知る事が出来るでしょう。  Y

選挙

忠臣蔵の討入りの日が衆議院の選挙の日です。

この頃の選挙は、候補者もろく分からないうちに選挙の日が
来てしまい慌てて看板をチラっと見て、投票するなんて事が
度々です。

今回の選挙も候補者が街頭で演説してもTVで政見放送を
やっても、ちっとも本当の事を言っていると思えず、興味が
全然湧きません。

今まで棄権した事はありませんが、心の底からこの候補者に
是非当選してもらいと思った事がないのです。

私は残念ながら生まれていなかったのですが、歴史に名を
残した政治家が生きていた時に選挙に参加したかった!

「誰でも良いや」の気持ちでなくて、少しでもこの人が良いなと
思って投票に行きましょ。   Y

お弁当屋さん

急に寒くなって来て12月に入った事を実感しているこの頃です。

平日の月曜日から木曜日まで殆ど毎日お弁当を手作りしていますが、
金曜日だけはあるお弁当屋さんに会社の女性と一緒に頼んでいます。

お値段の割に結構美味しいお弁当だし、毎日じゃないのでそんなに
厭きることも無く、木曜日に電話するだけで簡単なのでずーっと続いて
います。

電話を受けてくれる女性が2~3人いるようで、その中の一人がとても
可愛い声で優しく受け答えしてくれるので、その女性が出るのを楽しみ
にしていました。

この頃は全然お声を聴けなくて残念でしたが、今日はちょうどその女性
でした。思わず「お久し振りです!」って言ってしまいました。

とたんに彼女の声も変わって「こんにちわ、お久し振りです」って言って
くれました。二人で注文の事以外話す事はないので、すぐに電話を
切りましたけど、とても名残惜しかったです。

お顔を拝見した事もないし、お名前を知っているわけでもないけれど
なんだか嬉しくなりました。

小説だったら男女の話にして恋愛に発展していくのかな~なんてね。 Y

流行語大賞

やっぱり、この言葉でしたね!

『ダメよ~、ダメダメ』はリズミカルだし、普通に話をしていても
つい駄目よって言う言葉が出る事もあるので、使い易いのです。

一番初めに聞いた時には、あの二人のヴィジュアルがあまりに
インパクトが強すぎて、言葉があとから聞こえた感じがしました。

子供は意味が良く分からず(かなり際どい台詞なんですよね)に
楽しげに、大人はそれなりについ使ってしまい、大賞を受賞する
のは当たり前でしたね。

来年までもつかは分かりませんが、こんな使い方ではなくても
『駄目よ』って言ってしましそう・・・。   Y

又、訃報

先月28日に菅原文太さんが亡くなりました。

先程会社でメールをチェックしていた同僚が教えてくれました。

つい先日高倉健さんが亡くなったのに続いて、同じ東映で活躍
していた菅原文太さんも後を追うように逝ってしまいました。

昔の映画スターと呼ばれた人が姿を消していくのは、とても
寂しいですね。   Y

| ホーム |


 BLOG TOP