プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

又、茶花

以前にも書いていますが我が家の小さなベランダには、姉が丹精している
茶花たちがいくつもあります。

5月の半ばから6月一杯は紫陽花があちこちで咲いていますが、我が家は
柏葉紫陽花は毎年咲くのですが、茶花にしては大きくて活け方もどうしても
限られてしまいます。

茶花には小ぶりな山紫陽花が一番なんです。ベランダには山紫陽花の鉢
がいくつかあります。でもすべてが咲いた事はなかったんです。

でも、今年はどの鉢にも蕾がついてとっても嬉しいんですよ。

一番に開いた山紫陽花があんまり可憐なので、そのまま鉢だけにおいて
おくのは勿体なくて、季節の「鮎籠」に活けてみました。

山紫陽花

ピンクの花はアスチルべ(チダケサシともアワモリソウともアケボノショウマとも
呼ばれています)で、姫葦も一緒に。  Y
スポンサーサイト

ヒチコックの『鳥』

昨晩NHKBSプレミアムで『鳥』を放映していました。

どんなに昔観たかよく覚えていないのですが、昔の家で廊下があった
事を思い出しました。何故って、映画を家族で緊張して観ている最中に
突然庭から雀が廊下に入ってきたんです。その時に皆の驚いた事と
言ったら!

何しろすごく怖い映画だったと記憶しているのですが、細かい筋書き
は忘れていました。もしかすると中学生くらいだったのかも。

ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。理由もなく突然鳥たちが人間
を襲ってくるんです。

恐怖ばかりでなく男女の恋愛も絡めてあるし、親子関係の在り方も描
かれていて、昔観た時より筋書きも理解出来てとても面白かったです。

何しろ2時間あまりの間に「鳥」が画面に沢山沢山写って、「鳥」嫌いな
人だったら気絶するでしょうね。

ただ昔の映画のせいか血の色等が稚拙で、それが却って怖かったりして。

以前何かで読んだのですがその頃はCG等も無かったので、ヒチコックは
すべて本物の「鳥」で撮影したようです。一体あの沢山の「鳥」をどうやって
コントロールしたのかと、不思議だしやっぱりすごい監督です。  Y

美容院

男性にはお分かりにならない事かも知れませんが・・・。

美容院へカットしてもらいに行った時に、美容師さんから必ず
「今回は長さをどうしますか?」と尋ねられます。

普通は「今までと同じに」とか「そのままの長さで」とか言って
「短くして」とは絶対に言わないのです。

何故なら、美容師さんの考えている「少し」と私(多分女性なら
経験があると思いますが)の考えている「少し」の間にかなりの
ひらきがあるのです。

耳がちょっとだけ見える位とか肩にすれすれでとか言ったとしても、
カットしてから自分の思っていた長さじゃないと気が付いて文句を
言っても遅いのです。

何度かそんな目にあっていても暫くすると忘れてしまって、つい
いい加減な事を言うとしまった!と思うのです。

でも、髪の毛は必ず伸びてくるものです。気に入らない髪型でも
ちょっと待っていれば何とかなりますよね。  Y

末広がり

日本の中では「八」という数字は末広がりと言って、御目出度い
数字です。

でも所が変われば色々変わってくるようで、ドイツでは全く意味が
違ってきます。

アメリカのP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)社がドイツで洗剤を
売り出したのですが、パッケージに「88」「18」とありました。それを
咎められて販売を止める事になりました。この数字は単に、従来より
少量で洗濯が出来る性能を誇るためのものでしかありませんでした。

所が「8」はアルファベットで8番目の数字なので、「H」に当ります。
ドイツでは「H」はただの「H」ではないのです。ナチスを今も信奉する
極右の集団の中で、「H」はヒトラーを意味するです。

ですから、「88」はハイル・ヒトラー(ヒトラー万歳)で「18」は「A」と「H」
で、アドルフ・ヒトラーになっちゃうのです。

本当に驚きですね。日常生活でもあるかも知れないです。何気に使用
している言葉が相手を傷つけるって事が。色々気をつけなくちゃ。 Y

五十三次(27)

大変ご無沙汰しています、本当にすみません!

先週の金曜日から二泊三日の五十三次でした。おまけに月曜日
からとっても忙しくて(年がら年中ですが)、会社でも家でも全くブログ
を書けませんでした。

今回は渋谷からバスで出かける最後のツアーでした。次回からは
新幹線で現地へ行って戻るようになるので、東京到着の時間が
ずれることもなく安心です。

そうなんです。此の度も帰りはすんごい渋滞で、私たちを含めた
数人は途中の箱根湯本でバスを降りて、ロマンスカーで新宿まで
帰ってきました。バスは9時半過ぎには渋谷に着いたようなので、
帰宅時間が一時間もずれることはなかったようですが。

いつものように旅が終わると、あれもこれも書かなくちゃって思って
いてもすっかり忘れているので、本当に困りものです。

一応旅程だけは書いておきましょうね。

 知立宿→桶狭間古戦場跡→有松→笠寺→鳴海宿→熱田神宮→
 桑名宿→春日大社→富田一里塚跡(98番目の一里塚)

こんな行程で、途中に色々なお寺に寄ったり一里塚を見たり・・・。

二泊とも名古屋のすぐ近くにある金山という所のホテルでした。
あんまり良いとは思われないホテルでしたが、嬉しい事がありました。

古くからの友人が金曜日に一緒にホテルに宿泊してくれたのです。
おまけにツアーの仲間とも一緒に夕食・朝食をとって、バスを見送って
くれました。彼女は毎年一回旅を計画してくれていましたが、家庭の
事情でここ二年出かけていないのです。久し振りに楽しい時間が
持てました。アリガト!

今回のツアーで印象に残っているのは有松ですね。有松はご存じの
方もいらっしゃると思いますが絞りで有名です。

浴衣だけかと思っていたら、とんでもない!豪華絢爛の振袖なんかが
ありました。それにビデオで観たり、実技も目の前でじっくり見ましたが
本当にすごいんですから。日本の絞りが高価なのも仕方ありません。

もう一つ忘れられない場所と人物がいます。
それは海蔵寺というお寺です。
木曽川・揖斐川・長良川の三大河川の治水工事に携わった(と言うより
幕府から無理矢理工事を押し付けられた)薩摩藩士85名を弔ってある
お寺で、工事奉行の平田靭負(ゆきえ)以下24義士のお墓あります。

この工事は宝暦3(1753)年江戸幕府から薩摩藩に命じられ、平田靭負
他藩士約950名と予算30万両で始められ約1年半の工期で完成しましたが、
古間に85名の犠牲者と、270万両の費用を費やしました。これにより長年
荒れ狂った大河川も制御されました。工事終了後に大幅な予算超過と
多数の藩士を喪った責任を負って平田靭負は切腹しました。
工事の間に、薩摩藩士たちは粗末な食事しか与えられず朝から晩まで
働かせられました。それに義憤を感じて政府に対して切腹した藩士たちを
どこのお寺も葬ってくれなかったのを、この海蔵寺だけが丁寧に扱って
くれたのです。この出来事を小説に書いたものがあります。杉本苑子氏の
『孤愁の岸』です。海蔵寺で販売していましたので買ってきました。ご興味
のある方は購入してみては。

今の時代になってもこのお寺と薩摩(鹿児島)とは行き来があるそうです。

そうそう、熱田神宮も大きな森があってなかなか荘厳な感じでした。

お蔭様でこのツアーに参加して大雨にあったことが一度もないので、これから
10月の京都三条大橋までこのままお天気が続きますように・・・。  Y

ヴィバ、ニャンコ!

金曜日になりそうな時間にブログを書いています。

会社でヤフーのニュースをチェックしていたら、こんな素敵な
記事が載っていました。

 アメリカカリフォルニアで、幼児を襲った犬に飼い猫が体当たり
 して撃退し、幼児を救う出来事があった。現場の防犯カメラが
 その一部始終をとらえて話題になっている。幼児は軽傷を
 負ったが元気だという。
 男の子は13日、駐車場で自転車に乗って遊んでいたところ、 
 付近をうろついていた犬が車の背後から現れ、男のを襲った。
 男の子は足を噛まれて倒れたところへ猫が飛び込んできて、
 男を引きずろうとする犬に猛烈な勢いで突進。驚いて逃げた 
 犬を追いかけ、犬が走り去るのを見届けて戻った。

これの動画があったので、お昼休みだったし見てみました。
うろうろしている犬が男の子をみつけて襲い、引きずり倒し
ひっぱって行こうとしたら、ビューンとどこからか猫が走って
きて犬にドカーンって体当たりしたんです。

犬はびっくりして逃げだしたら、そのあとを少し追いかけて
戻って来ないと判断して、男の子の元に来ました。

本当に感心してしまいました。素晴らしいニュースでしょ。
この勇敢なニャンンコは雌の「タラ」という名前で、男の子
の家で飼っているニャンコでした。   Y

3Dプリンター

3Dプリンターってご存知ですよね?

3次元の設計データをもとに樹脂や金属粉末を積み重ねて立体物をつくる。
型枠がなくても成形できるため、自動車や電機など製造業の試作品開発や、
医療用の模型などで活用が広がっている。製品やゴロの違法なコピーへの
懸念も根強い。

と、言われています。

最初に3Dプリンターを見た時(もちろん実物なんかではなくTVです)、一体
何だこれは!とひどく驚いたものです。

点と点を結ぶ2次元でなくて立体なんですから。物体が機械でコピー出来る
なんて考えたこともありませんでした。

会社で話をしているのを聞いていると、医療用としてもどんどん使用されて
いるようなので、病気の人にとっても頼もしいと思いますが・・・。

犯罪グループは、小売店で使用する端末やATMに取り付ける部品型の
スキミングマシンを3Dプリンターで模造したりしているようです。他には
コインの偽造やブランドロゴ・フィギュアの知的ザン債権侵害、樹脂製爆発
物の製造などにも悪用されるおそれが出ています。

科学の発達はとても素晴らしい事ですが、それがいつも正しく使われるとは
限らないので、その解決法がこれからの大きな問題ですね。  Y

ブラジルワールドカップ

毎日時間が過ぎて行く速さに驚いています。

昨日発表があったワールドカップ出場選手に驚きの人がいました。
三十一歳の大久保選手です。

たまたま少し前のTV番組で彼の事を特集していたものがあり、
それを観ていたので選ばれるのは当然だと思ったのです。

それにしても、たった一人の監督が世界中に散らばっている選手
を遠くからじっと観察(言い方が悪いですが)して、自分の采配に
応じて力を存分に発揮出来る選集を選ぶなんて、本当にすごい事
ですね。

仲間と一緒に普段の力をどれだけ使う事が出来るのでしょうか。

あと一か月しか準備期間がないけれど、日本中のファンを多いに
楽しませて下さいね!   Y

連休は?

皆様、連休中は如何お過ごしでしたか?

今年は長い連休ではなかったのであんまり遠出は出来なかったかしら?

私は姉と友人と三人で千葉君津の友人の家に、4月に亡くなったお父様の
ご仏前にお線香をあげにいきました。

古くからの友人で、若い時はしょっちゅう我が家に遊びに来ていた女性で、
今は病院にいるお母様だけになってしまいましたが、ご近所づきあいが
とても良く、車で5分の所にある三舟山に毎日のよう登山ハイキングをして
楽しんでいるようで、私たちも安心しました。おまけにその日は四人と
ご近所の女性と一緒に、その三舟山に登ってきました。

いつも五十三次で歩いているので全く楽勝でした。帰りは快速でゆっくり
帰ってきました。思っていたより君津は遠かったので、大人の遠足でした。

去年も連休にも頑張ったように今年も垣根の剪定をしました。
雨が降ったあとに伐り始めたので、アチコチが濡れて気持ちが悪いったら
ありません。

おまけにずーっと両手をあげて伐っていたので、腕がパンパンになって
夜痛み止めを貼りました。これが優れもので、ただの膏薬ではないのです。
ゲルマニユムと漢方が薬の中に練り込んであって、翌日にはすっかり回復
しちゃうんですから。

でも半袖Tシャツだったので、どこからか虫が入ってきて右腕の付け根と
上腕部がぶつぶつになってしまい、大好きなキンカンとオロナインを塗って
やっと治りました。

溜っていた洗濯物にアイロンをかけ(3時間以上もですよ)あちこち片づけたら
あっという間に連休は終わってしましました。

やろうと思っていた衣替えは出来ませんでした。五月の休日も予定があるので
一体いつやればいいのかな?   Y

連休です!

いよいよ明日から4連休ですね。土曜日がお休みでない方もいらっしゃる
かも知れませんが...。

明日と明後日はお出掛け日和だって天気予報で言っていましたから、予定
をうまく立てて元気に遊んで下さいませ。

明日はお稽古でつぶれますが、明後日は千葉の友人を訪ねて一緒に山に
登る予定です。5日は美術館へでも行こうと姉と話しています。

遊んでばかりでなく、6日はちゃんと衣替えをしようと思っていますけど。

どうぞ連休で疲れませんように!  Y

花子とアン

4月から始まったNHKの連続ドラマをご覧になっていらっしゃる方
は多いでしょう。『赤毛のアン』を訳した村岡花子さんの自叙伝的
お話です。

実は前の「ごちそうさん」を楽しく観ていたのであれ以上面白いとは
とても思えなくて、ナレーションの声(三輪明宏さん)も含めて最初は
面白くなかったのです。

それが子役の女の子も魅力的だったし、だんだんちゃんと観るよう
なってきました。

特に葉山蓮子が出演してきた頃からはとても興味が湧いてきて、毎朝
楽しみになりました。

姉と二人で「あの蓮子って柳原白蓮よね、きっと」と話していたのですが、
なかなか確かめずにいました。

そうしたらやはり、蓮子は白蓮でした。村岡花子と柳原白蓮はそれぞれが
有名ですからもちろん知っていました。

でも二人が同時代を生きて、おまけに顔見知りだったなんて考えもしません
でしたから、とっても面白いですね。

白蓮は「大正三美人」の一人と謳われていましたから、仲間由紀江はぴったり
です。これからどう展開していくかが、とても楽しみです。  Y

| ホーム |


 BLOG TOP