プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

五十三次(26)

先週の金曜日は久し振り(1か月半以上)の五十三次でした。

まだ渋谷からバスで現地まで行かなくてはならないので、距離が離れれば
離れるほど現地到着が遅くなります。

今回は赤坂宿からスタートでしたので前回到着した地点から歩き始め
ましたが、すっかり忘れてしまって本当に嫌になってしまいます。

まず浄泉寺というお寺に寄りましたが、ここには石造の百観音が安置されて
いました。又、本堂の前にある蘇鉄は歌川広重の浮世絵でも有名だそうです。
ここもあんまり印象に残っていないのです。残念!

この後寄った大橋屋という旅籠は昔(1715年ころ)のままの姿で今でも営業
していて、町の有形文化財に指定されています。

杉森八幡社は、古くは持統天皇(百人一首で「春過ぎて夏きにけらし・・・」
を詠んだ女性の天皇ですね)が鏡を献上したことで、知られています。

本宿という、赤坂宿と藤川宿の間の宿を通って本蔵寺へ。

ここは松平の初代からお寺で、徳川家康が幼い頃に手習いや漢籍を学んだ
所で色々な遺品が飾ってありました。それとあの新撰組の近藤勇の首塚が
ありました。本当に彼の首が祀られているかは真偽の程は分かりませんが。

家康が三河一向一揆の折に隠れた岩穴(中から二羽の白鳩が飛び立ったので
命が助かったという伝説がある)がある山中八幡に寄って、藤川宿へ。

脇本陣跡・西棒鼻(宿の出入り口)跡・十王堂(境内には松尾芭蕉の句碑に
「ここも三河 むらさきの麦の かきつばた」とあります)・大岡越前守
陣屋跡(訪れた時はボランティアの方々が今でもお掃除をしたりして、とても
綺麗にしていました)に寄って、やっと岡崎宿に到着です。

三河と言ったら家康のお膝元で、特に岡崎は家康の生誕地でもあるし又、
城下町として栄え墓所もあり、昔から特別な扱いを受けてきました。その
ために規模も大きくて近くを流れる矢作川を利用して、貨物運輸の河港町
だったようですね。

この岡崎の城下の道は、二十七曲がりと言って敵から防衛するために屈折
していて、現在は曲がる所に木製の小さな柱が立っています。その柱には
「い・ろ・は・に」と順番に記されていました。ただ実際には、27本は
ありませんでした。

最終日の朝は先生と一緒に岡崎城を囲んでいる公園を散策しました。

岡崎公園

藤棚写真

八丁味噌の製造工程を見てお土産を買い、矢作橋(東海道の中では一番大きな橋で
「瀬田の唐橋」「豊橋」と並んで、東海道三大橋と言われている)を見て、誓願寺
(義経のゆかりのお寺)・永安寺・明治用水関係記念碑を見て、徳川家の菩提寺で
ある大樹寺へ行きました。

この大樹寺には松平八代(家康が徳川を名乗る前の)と徳川歴代将軍十四代までの
位牌があって、その位牌はすべて彼らの等身大(亡くなった時)で作られていました。
大きな部屋にグルリと位牌が並べられているのはかなり圧巻でした。

それぞれの身長も記されていましたが、昔の人ですから160㎝以上はどなたも
いらっしゃいませんでしたね。

最後に知立の松並木を歩いて、二泊三日約35キロが終了です。

足が痛くならないように事前に手当をしてあったので、月曜日から元気で会社
に行けました。又、5月も頑張ります!   Y
スポンサーサイト

五十三次

明日は二泊三日の「五十三次」のために休暇をとりました。

帰ってからなるべく頑張って楽しいブログを書きますので
よろしくお願いしま~す!   Y

魔女と魔女狩り

今日のタイトルって結構刺激的だと思いませんか?

これは出来たばかりの弊社の新刊本なんですよ。

皆さんの中では「魔女」ってどんな風に捉えていらっしゃるの
かしら?「魔女」の移動手段は箒で、いつも黒い服を着ていて
手には杖、靴の先はやたらと尖がっていてとか...。

それに「魔女」って必ず女性だと思っていらっしゃるんでは?

現代には「魔女」なんかいなくて、映画やTVの中だけのもの
って思っているでしょうね。

それが全然違うんですよ!

今までの自分の知識が全く間違っていた、「へぇ~」って感じ
なんですから。

この書籍の副題は「魔女の世界史」なんです。この本を読めば
今もなお「魔女」は世界中にいる事や、センセーショナルな
出来事が起きている事が分かります。

是非、この連休にじっくりと読んで頂きたいな。ご近所の書店
さんでこう言ってみて。

刀水書房の魔女と魔女狩りはありますか?って。  Y

五月飾り

この二~三日冬に戻ったかのようなお天気で、もうすぐ五月になると
いうのに一体どうしたのでしょう。

お茶の世界では四月までは炉を使ってお点前をします。特に四月は
吊り釜で、結構これが風情があるんです。

少し早かったのですが、床の間を五月の設えにしてみました。

お軸は祖父が兄の誕生を祝って描いてくれた画を、姉がお茶でも使用
出来るように表装しなおしてくれたものです。もう一つ鍾馗様を描いた
画は、額装にして玄関を飾っています。

五月飾りの鎧一式は終戦後で物が無い時にも拘わらず、父が初めて
生まれた男の子のためにアチコチ探してやっと手に入れたものです。
本当は兄の所で飾ればよいのですが、兄嫁がいらないと言ったので、
我が家で飾っています。

お花は本当は菖蒲のほうがよいのですが、先週のお稽古の時に先生が
下さった洋花です。五十三次の時に買った花入れを使いました。

小さな床の間ですが、これからも季節に応じてそれなりに飾っていきたい
と思っています。   Y

五月飾り

嬉しいニュース

昨日、いつも「五十三次を歩くツアー」で添乗員をしてくれている女性から
メールが来ました。

彼女はとても気さくで朗らかでおっちょこちょいで素敵な女性で、我々の
仲間は皆が好きでした。

3月から2泊3日のツアーになって、いままで金曜日から1泊2日の人達と
土曜日からの人達が重なったために、ちょっとゴタゴタがありました。

一応我々の望みは叶って仲間と離ればなれになる事は避けられましたが、
添乗員さんは二人になってしまうので、仲良しさんとは一緒に歩けなく
なったのです。

3月は一緒だったのですが、4月から別の人が決定していました。それでも
10月の京都三条大橋では彼女が私たちを迎えてくれる約束もしました。

そうしたら、5月のツアーは彼女が添乗員として随行する事になったのです。
嬉しいメールを送ってきてくれました。

知らない添乗員さんには大変申し訳ないのですが、やっぱり慣れている方が
一番ですね。

来週の金曜からのツアーでは、こっそりこの事を仲間に知らせると約束
しました。だって一緒に歩いている添乗員さんに悪いですもの。  Y

本当なの?

昨日の朝、パソコンでヤフーニュースをチェックしたら恐ろしいニュースが
掲載されていました。

ナイジェリアで女子中学生(現地の学校制度が日本とは少し違うので高校生
も含まれているようです)が、100人以上もイスラム過激派に誘拐されたと
いうのです。

集団で学校を襲いガードマン達を射殺して、乗り付けたトラックに100人
以上の女学生を連れ去って行きました。

なんでも西洋的な教育を受けるのに反対しているので、学校を襲ったみたい
です。

こんな凄い事が起こるのでしょうか! 当然続報が流れると思っていたのに
夜になっても今朝になってもちっとも報道されないのです。

現在調査中なのかも知れませんが、あんまりやらないので私の見間違いかと
思っていましたが、検索したら出てきたので現実に起こったのでしょうね。

このイスラム過激派達は「ボコ・ハラム」と呼ばれています。誘拐された
女学生達がとても心配です。   Y

母の加護

それはこの前の土曜日のことでした。

姉と二人で夕方、近所のスーパーへお買い物に出掛けました。
いつも土曜日はポイントが5倍になるので、主菜になる肉類は
纏めて買うようにしています。

すぐに調理しないでも悪くならない物や冷凍食品も色々買って
それぞれが両手に一杯持って我が家に帰ったのです。

出掛ける時に私が玄関のドアに鍵をかけ、それを上着のポケット
にしまいましたので、開けようと思ってポケットを探っても
どこにも無いのです。

「もしかすると上着じゃないのかも知れないから、全部よくよく
探してごらん」と姉に言われてアチコチ探しても、無いのです。

姉はすぐに「元来た道を探して歩くから」と戻って行き、私は
兄の家の玄関(二世帯住宅になっていて、玄関が並んでいるので)
から我が家へと入りました。

姉が帰ってくるまでに食べ物を冷蔵庫や冷凍庫に収めて、夕食の
支度をしていると、戻ってきたのですが「下を向いて探して歩いた
けどやっぱり見つからなかった。スーパーでも聞いたけど駄目」
と言われて、「食事が済んだら交番に届けてくるから」と言った
けど、どうしようかな?今日は泥棒が入らないかな?鍵は作り直す
とお金がかかるだろうな等々・・・.

本当に憂鬱になりました。

一つおかずが出来たので、母の仏壇にいつものようにお供えして
「どうぞお母さん、どこからでも良いから鍵が出て来ますように」
とお祈りしました。

又台所でお料理を作ろうと思い、ちょっとジーンズのポケットに手を
入れたら、なんと、そこに鍵があったのです。

さっき探したときには無かったのに・・・。

本当に良かった!姉にポンと頭を叩かれたけど、そんなの何でもない。
鍵に無くなったら金銭的な事は兎も角、気分が悪くて困っちゃうのです。

母の仏壇にお詣りした途端に鍵が出て来たなんて、これぞ「母のご加護」
に違いない! ありがたや、ありがたや。  Y

浮世絵『雪月花』

昨日の朝、時々観ているNHKBSの「日曜美術館」をベッドで
寝ながらチャンネルを合わせたら・・・。

すごく楽しめたんです。

あの喜多川歌麿が描いた『雪月花』という肉筆の三部作の事を解説
していました。

私は全く知りませんでしたので、只々「すごい!」と思いながら
観ていました。

この三部作は『品川の月』『吉原の花』『深川の雪』で、すべてが
遊郭を描いたものです。

現在、『品川の月』はフリーア美術館、『吉原の花』はワズワース・
アセーニアム美術館に所蔵され、どちらもアメリカにあります。

『深川の雪』だけが行方不明(これは(『品川の月』と共に明治時代に
パリに渡って、1939年に日本へ戻り1948年に銀座松坂屋で一般公開
されたきり、所在が不明)だったのですが、2012年2月に発見されて
現在、箱根小涌谷にある岡田美術館で所蔵されて、今年4月4日から
6月30日まで一般公開されています。

番組の中で俳優のアラタが専門家と色々話をしていましたが、数奇な
運命のこの浮世絵たちが、戦後の美術品流失で日本の大切なものたち
のように海外へ行っていましまいましたが、一つだけでも日本に戻って
こられたのは本当に良かったですね。

ちょっと遠いですが、開催されている間に鑑賞したいな~と思って
います。なんてったってこの浮世絵の大きさときたら、縦約2メートル
で横約3.5メートルもあるんですから!  Y

虫垂

偶々少し前に姉とこんな話をしました。

体の中にあるもので、不要なものなんてのは一つも無いって。

私はいまだに盲腸を持っているので、「盲腸は要らないから
手術して摘出しても全然平気なんじゃないの」と聞いたら、
「それでも持って生まれてきたんだから、本当は不要って事はないの」
と言っていました。

そうしたら、今日の新聞にこんな記事が載っていました。

 体に必要ない組織と考えられていた虫垂が腸に免疫細胞を
 供給し、腸内細菌のバランスを保っていることを大阪大学
 などのチームがマウスで明らかにし、10日付けの英科学誌
 ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 「バランスが悪くなると食中毒も起こしやすい。虫垂を
  むやみにとらない方がよい」として、腸内細菌のバランス
  が崩れて発症する潰瘍性大腸炎やクローン病の新しい
  治療法開発も期待される。

虫垂は盲腸の端から延びる細長い組織で、体内に侵入した病原体
などを攻撃する免疫細胞を作る働きを持つ。だが虫垂炎を起こす
ことがあり、他の病気の開腹手術の際、大きな影響が出ないとして
切除されることがある。等々・・・。

驚きですね。本当に体の中にあるもので不要なものなんかないのです。
きっと人間もそうですね。この世に生まれたって事は、誰かの何かの
必要で生まれてきたんですね。しっかり生きなきゃ!  Y

切手の値段

4月からの消費税増額に従って、切手の値段も変わりました。

80円が82円に90円が92円に変わったので、その他もすべて
増額したかと思っていたら...。

120円と140円はそのままでした。

高額切手は据え置き値段なんだと安心していたら、200円は
205円に240円は250円とすこしづつ値上がりしていました。

大きな物を出す時は必ず値段をチェックしないと、相手の方
にご迷惑をお掛けする事になるので、ご注意を!  Y

P.S. この頃はメールが横行しているので、心配ないかも。

皇居の桜見物

一昨日も昨日もズル休みをしてブログを書きませんでした。

すごく会社が忙しかったわけでもないのに、特に書くこともなく
まっ、イイカと休んでしまいました。ごめんなさい!

先週の4日金曜日から昨日まで皇居乾通り(坂下門から乾門までの
約750m)の桜76本や、松・紅葉を一般公開してくれました。

これは昨年、天皇陛下が傘寿(80歳)をお迎えになった事を記念
したからです。

5日間で約38万5千人が訪れ、5日が最も賑わって9万1千人だった
そうです。

秋にも紅葉の季節に合わせて、11月下旬~12月上旬の5日間を一般
公開する予定で、今回のお花見を両陛下は、人出の多さや桜の花が
残っていたことをお喜びだったようです。

今回は拝見出来ませんでしたが、秋にはなんとか時間を作って是非
皇居に行きたいですね。   Y

夜桜能

最近、土日は主人の実家の掃除で1日つぶれてしまいます。
掃除をしてもしても汚してくれるので、
このきりのない状態がいつまで続くのでしょう?
という感じです(T^T)

それでも息抜きをしなくてはと
夜桜をみながら、能の舞を見ようと、
靖国神社の奉納能のチケットん取り楽しみにしていました。
ところが先週の木曜日、大雨の日でした(T^T)

雨天の場合は新宿の文化センターで開催されることになっていたのですが、
その環境での能の舞はおもいっきり眠気を誘います。
舞台には温泉につけて咲かせたという、きれいで大きな桜の木が2本ありました。
雨が降らなければ、誰も見ることはなかったのですから、
ここでできたのもよかったのでしょう。

来年こそは…U

夜桜の写真

昨日は又々ブログをお休みしてしまいました。

一昨日の千鳥ヶ淵のお花見の際に、友人が写真を撮ってくれましたので
お裾分けしましょう。

あの日は満開のあとでお天気も良く、多分お花が一番と言って良い位に
綺麗にみられる最後の日だったらしく、すごい人出でした。

歩いていると所々に人がワンワンいて、皆揃って腕を上にまっすぐに
挙げて、その手にはそれぞれにカメラを持っていて、桜のベストショット
を狙っていました。

小さい(年ではなく背の高さ)我々はどんなに背伸びしてもなかなか見えず、
人混みの隙間から垣間見るような有様でした。

夜になって雨も降ってきた位ですから空全体が薄墨色で、下から眺めると
染井吉野のあの綺麗な薄ピンクの色がとても素敵でした。

おまけにあちこちで下からライトが当たっているので、本当に幻想的な
景色でした。

やっぱり、桜は本当に綺麗!  Y

2014 4 2 千鳥ヶ淵

皆でお花見!

いよいよお花見も終盤になりました。

会社の女性ともう一人友人とで、千鳥ヶ淵へお花見に行ってきます。

明日は雨になりそうだし、きっと今日は最後と思って沢山人が
集まりそう。

では!  Y

消費税8%

嫌だと思っていても今日から消費税が、5%から8%へと変わります。

大体そうなんだけど、政府が決定する事って我々庶民が知らないうちに
行われる(ちゃんと見張っていない我々がいけないのかも)ようです。

それが素晴らしい政策だって思えるものは少なくて、決定してから
これは何だ!って思うものが多いなって感じるのは、私だけなの
でしょうか。

8%になってからすぐに買い物するのは嫌だから、なんとか5%のうちに
という事で、私も昨日なにやかやとお買い物をしましたが、どこに行っても
何を買ってもとても混んでいました。

早くに買っておけば、こんなに並ぶこともなかったのにね。

それでも暫くしたら買わずにはいられなくなるけど。  Y

P.S.昨日の風の強いことと言ったら!通勤の途中で向かい風にあって
    よくテレビの実験で見たように、体を斜めに前に傾けても全然
    倒れないのでビックリしました。

| ホーム |


 BLOG TOP