プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

勝ちました!

神様のお蔭と言うか、それとも本来の調子を取り戻した菅野投手
のお蔭だったのでしょうか。

珍しく2回も審判が集まって相談しなくてならない場面もあったり、
最後の守りは少しハラハラしたけどすべて結果オーライです。

始球式に間に合ったので、仲代達也氏の84歳とは思えないような
投球も拝見出来たし満足だった観戦でした。

でも家に帰って国会のニュースを見たら本当にガッカリするばかりで
日本の政治家たちは「悲しい」としか言いようがありません。それも
与党の輩は。

昔「ヤンキー先生」とか言われていて、いつの間にか政治家になった
義家なんちゃらは、一体あのころの志は全く消滅してしまったのでしょう。

日本の国民を舐めてんのか!と思える答弁をしていました。

お金や権力は大きく人を変えるんだな~と目の当たりにして、明治の頃
の若く逞しく希望に燃えて政治を行っていた人は、どこを捜したらいるの?
といつものように空しく思った私でした。   Y
スポンサーサイト

ジャイアンツ

一体どうしたんだろう? どうして打てないんだろう?

いくら何でも酷すぎる!

毎年3~4回は仲間と東京ドームに観戦に行っていますが、大体は
巨人が勝利していました。

今年は5月に一度行きましたが、ガックリでした。

負け試合が終わって帰るのは本当に気が重く、少しだけ飲んでいっても
ちっとも楽しくありません。

今日は2回目の観戦でソフトバンクとです。どうぞ楽しい時間を神様が
下さるように・・・・。  Y

P.S. 実力ではなくて神頼みじゃ駄目ですよね。

女性ジョッキー

今朝のTVで中央競馬に16年ぶりの女性騎手が誕生した、ニュースを
やっていました。

3日の川崎競馬場でデビューしたこの女性は、まだ18歳の藤田菜七子さん
という方です。

6戦に騎乗して、初レースの1レース目は残念ながら8着でけれど、2着と
3着を1回ずつとれました。

自厩舎の調教師さんに「勝てば良かったけれど、センスを感じた。思った
以上にうまかった」と評価された藤田さんは、今後競馬界に大きく綺麗な
花となって咲くと良いですね!   Y

P.S. 近頃はすっかり足を洗って馬券を買っていませんが、彼女が騎乗する
    レースが分かったらちょっと買ってみようかな♪♪♪

大相撲

今場所の話題は白鷗でなくて、琴奨菊が注目を浴びています。

昨日の一番も全勝同士で、しかも相手は白鷗でした。
それも白鷗に何もさせないままがぶり寄りで勝ちました。万~歳!

日本人の力士が優勝したのは10年前の同じ初場所で栃東でした。
なんとしても琴奨菊に勝ってもらいたいですが、今日は日馬富士との
一番はどうでしょうか?

八百長はして欲しくありませんが、是非頑張ってもらいたいですね。

八百長と言えばテニスにも疑惑が出てきて、お金が絡むとスポーツ
の神聖が穢されて本当に嫌ですね。  Y

快挙、快挙!

本当に日本の若者は世界に出て行ってもちっとも物怖じせずに、100%以上
の実力を発揮出来るようになったんですね。

以前からぐんぐん力をつけてきていた卓球の伊藤美誠(みま)選手と平野美宇
(みう)選手は、ワールドツアー上位者で戦ったグランドファイナルの女子ダブルス
で準優勝になりました。まだまだ若い二人ですので将来あの強敵中国を破り、
きっと優勝するでしょう。

バトミントンでは年間上位8人、8組が出場出来るスーパーシリーズ・ファイナル
で男子の桃田賢斗選手と女子奥原希望選手が共に優勝という、素晴らしい成績
でした。優勝争いをTVで観ましたが、我々が「行くわよ~」なんていうイメージは
全く無い、すごく激しいスポーツでした。

スケートジュニアのグランプリファイナルでは、14歳の本田真凛選手が初出場で
銅メダルを獲得しました。これからどんなに伸びて行くのか楽しみです。

そうです、忘れてはならないあの人、羽生結弦選手のグランプリファイナル優勝です。
ショートプログラムもフリーの演技も前人未到の世界最高点330.43点を出して、世界中
をのけぞらしました。あんなに若いのにあの精神力はどこから出てくるのでしょう。
いつも自分との戦いで本当に大変と思います。どこかで体も心もゆっくり出来る所が
あるんでしょうね。どうぞこれからも自分に負けないように前進して行ってね。

おまけに、こんなニュースを。
羽生選手は「クマのプーさん」が大好きで、いつもリンクサイドにプーさんのテッシュ
ケースを持ってきていますが、プーさんのモデルとされているロンドン動物園にいた
雌の「ウィニー」の骨を研究した結果、彼女は大変訪問客から可愛がれた(蜂蜜・
甘い物を与えられた)ために晩年は殆ど歯が無かったそうです。  Y

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE