プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

花火大会

今日は戸田橋の花火大会でした。


窓越しに 花火輝き 音遥か



スポンサーサイト

季語(続き)

昨日はポカポカ陽気で今日は寒い雨が降っています。
今日は2時過ぎから会社の用事で出かけますので、早めに書きます。

では、昨日の解答を。

 ①狸 は 
  狸も冬篭りをするのかしら?
 ②シャボン玉 は 
  なんとなく夏によく遊んだから、夏かしらと思ったのですが。
 ③猿回し は 新年
  今時お正月に猿回しが来る事はないけど、やっぱり新年ですね。
 ④山粧ふ は 
  赤や黄色に色づく景色が目に浮かびます。
 ⑤虹 は 
  一年中見ることは出来ますが、やはり夏でしょうね。
 ⑥猫の恋 は 
  これは誰でも分かったでしょ!
 ⑦蜂 は 
  これも簡単。
 ⑧ラグビー は 
  以外かも知れないけど、ラグビーは冬のもののようです。
 ⑨甘酒 は 
  昔の絵草子のようなものに、夏に甘酒売りの絵がありました。
 ⑩夜食 は 
  勉強するのは秋だからかな?
 ⑪伊勢海老 は 新年
  普通の家庭ではなかなか伊勢海老を食べないけど、お正月なら
  食卓に出る事があるかも。
 ⑫風船 は 
  これも一年中のように思うけど、春なんですね。
 ⑬バナナ は 
  南国の食べ物ですから、やっぱり夏。
 ⑭山笑ふ は 
  新芽や蕾が少しずつ膨らんで来る様子からでしょうね。
 ⑮遠足 は 
  小学生の時は春と秋の年二回だったように覚えているますが、
  季語としては春なんですって。
 ⑯双六(すごろく) は 新年
  もちろん、双六はお正月のお遊びです。この頃の子供達は
  楽しんでいるのかしら?

以上、いくつ出来たでしょうか。   Y

季語

季節を感じさせる言葉が入っている「五・七・五」は俳句で、
あまり縛られないで思ったままに創るのが川柳と言われています。

季語と言っても、自分が思っている四季と俳句の四季は違う
ようです。

季語の基本的な分け方としては:

 立春・立夏・立秋・立冬を境にして、春・夏・秋・冬に分けて
 お正月に関連した言葉だけは新年に分類する

そうです。

NIKKEI PLUS 1 にこんな問題が出ていましたので、どうでしょう。

 ①狸 ②シャボン玉 ③猿回し ④山粧ふ 
 ⑤虹 ⑥猫の恋 ⑦蜂 ⑧ラグビー 
 ⑨甘酒 ⑩夜食 ⑪伊勢海老 ⑫風船
 ⑬バナナ ⑭山笑ふ ⑮遠足 ⑯双六

どうぞ考えてみて下さいね。答えは明日のお楽しみ!  Y

おまけ: 宵闇に 桜吹雪と スカイツリー(ちょっと字余り)

季語とは

昨日の答えは
薄氷でした。薄氷は春の季語です。

 薄氷や 踏まれて泥の 水と化し  C

いかがでしたか。
季語の役割は時間と空間を一つのものとして表現ができるということだそうです。
これからも俳句、または川柳のコメント楽しみにしています。U

季語・冬

昨日の答えは
落葉でした。落葉は冬の季語です。

 落葉降る 音に紛れし 鳥の声  C


そして今日の問題は・・・

*薄氷
*障子
*うさぎ
*カレンダー
*日向ぼつこ

この中での季語でないのはどれでしょう?U

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE