プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

世界遺産が17ヶ所に!

富士山がユネスコの世界遺産に登録される事がほぼ確実になりました。
これで日本の世界遺産は17ヶ所です。

知床
白神山地
小笠原諸島、
屋久島
が自然遺産

平泉
日光の社寺
白川郷・五箇山の合掌造り集落
古都京都の文化財
古都奈良の文化財
法隆寺地域の仏教建造物
紀伊山地の霊場と参詣道
姫路城
石見銀山遺跡とその文化的景観
原爆ドーム
厳島神社
琉球王国のグスク及び県連遺跡群
に富士山が加わり、
文化遺産が13ヵ所に

世界遺産に登録されると、
観光客が国内外からたくさん来るようになり、
景観を維持するのが大変になりますよね。
過去には登録を取り消されたところもあるとか・・

山梨県と静岡県も対策を考えているようで、
登山客から入山料をもらって環境の保護に役立てつつ、
登山者が増えるのを抑えようという計画が話し合われているようです。
微生物がふん尿を分解する、
環境にやさしいバイオトイレの設置もしています。

次の課題がありますが、
日本人のみならず、外国人にも人気な富士山が、
やっと世界遺産に登録され、
観光での景気回復が期待できるかも♪ U
スポンサーサイト

続 金環日食

おはよーございます、今朝はちゃんと金環日食を見ましたよ!

生きている間に東京でこれを見る事はないので、家族と一緒に
狭い庭で専用メガネを持って、20分間じーっと観察しました。

先週の天気予報では曇りだったので心配していたのですが、薄い
雲が流れる合間にきれいで立派な金環日食が輝きました。

日本中で皆が一斉(お仕事している人も寝ている人もいるとは思い
ますが)に空を見上げていると思うと、連帯感を感じたのは私だけ
ではないでしょうね。

現代では事前にこの神秘的な現象が分かっていますが、昔の人たち
は一体どんな思いで見つめていたのでしょう。

そうそうカラスが怖がってアチコチで鳴いて煩かったです。
誰かが教えてあげれば良いけど、ちょっと無理でした。  Y

金環日食

いよいよ来週の月曜早朝と近づいてきた日食ですが、皆さまはもう
準備はOkですか?

我が家でも眼鏡をネットで購入したのですが、まだ届かないのです。
月曜日が過ぎたら何の役にも立ちません。

日本で見られるのは1987年9月23日から25年振り、東京にいたっては
1939年9月7日からなんと173年振りなんですよ。

ですから、どんなに眠くても一生に一度ですから頑張って起きて、
絶対に見ましょうね!   Y

p.s.この頃本当に忙しくて、アタフタと帰宅するもんですから
  サボってばかりですみません。

金環食

皆既日食のときに出来るダイアモンドリングに対して、金環食は
ゴールドリングと呼ぶそうです。

今年の5月21日は久し振りの金環食が見られます。東京で見ることが
出来るのはいつの事か...。

今年は他に、金星の日面通過(ほくろのような黒い点が太陽を横切る)
が6月6日の午前で、前回は2004年、次回はなんと2117年で我々は決して
見ることは出来ないでしょうね。

又、8月12日には木星と月の超大接近があり、8月14日早朝には金星食
(金星が月の裏に消える)があります。

こんなに沢山の天文現象が起きるのは珍しい年と言われています。

ちなみに金環食を東京で観測しようと待ち構えている方は、朝の7時34分
頃だそうです。

それに観測する時には、充分目を保護するように気をつけて!
私も絶対に見る!  Y

皆既月食

昨晩、ご覧になった方も多いでしょう。
とても寒かったですが、雲も無くきれいに見えました。
日本全国で皆既月食が始めから終わりまで起きたのは2000年7月16日以来。
次に好条件が整うのは2018年1月31日とのことです。

月食とは、太陽-地球-月の順に一列に並んだときにおきる天文現象で、
満月のときにしかおこりません。
普段、月は太陽の光を反射して輝いていますが、
月食のときは太陽光をさえぎった太陽と反対側に伸びる地球の影の中を通るため
月面は暗くなります。
月は地球の周りを公転しているので、
時間経過とともに欠けて行き皆既となります。そして、また満月へもどります。

満月のたびに月食にならない理由は、
月の軌道が黄道面(地球の軌道平面)に対して約5°傾いているためです。
月食になるためには、満月の時に月の軌道と黄道面の交点の近くに月がなければなりません。

・・・だそうです。

月食

この自然現象、昔の人はどう思ったのでしょうね。U

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE