プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

iPS細胞

今更iPS細胞なんてとお思いでしょうが、これって何の略だかご存知の方は
そんなに多くないのでは?

induced Pluripotent Stem cell の略で、人工多能性幹細胞の事なんです。

それでもまだ良く分からないですよね。

このiPS細胞は、皮膚などの細胞に特定の遺伝子を入れて作ります。
受精卵のように体の様ざまな細胞や組織に成長出来る「万能性」を持つため、
病気や怪我で失われた身体機能を回復させる再生医療の発展には欠かせない
ものです。

文科省の再生医療の工程表によると、臨床研究は目の難病から血液の病気・
神経系難病が並んでいます。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)やパーキンソン病の治療のための新薬開発の研究
が進んでいます。

iPS細胞を使った医療研究の現状は:
 ・京大が血小板を作製、輸血用血液製剤の開発を目指している
 ・東京女子医大が心筋細胞を効率作製、2~3年後に専用装置の実用化
 ・京大が脳神経細胞を作製、猿で機能確認
 ・慶大が神経細胞を作製し脊椎損傷の猿に移植して、治療効果を確認
 ・京大がALSの原因の一端を解明
 ・京大が希少な自己免疫疾患の細胞を再現
 ・慶大がパーキンソン病の発症初期の様子を解析
等など。

本当に科学の発達って素晴らしいですね。不治の病と思っていたものでも
元気になる道が拓けるなんて!  Y
スポンサーサイト

じゃんけんロボ

ちょっと驚きの小さな記事をご紹介しましょ!

なんと勝率が100%のじゃんけんロボットが開発されました。

開発したのは東大の石川教授のグループで、毎秒1,000コマの
画像を処理する特殊なカメラと、ロボットを高速に動かす技術
を組み合わせたのです。

特殊カメラは肉眼の約30倍の処理能力を持っていて、ロボット
には「人間の手が止まって見える」んだそうです。
チョキなら人差し指と中指、パーなら5本の指が同時に開こうと
動くので、相手の「手の内」は簡単に判別出来ちゃうんです。

そんな訳で本当は、人間の目には分からないように後出ししている
ので100%の勝率になるのです。

この研究グループは物体を高速で認識し、速く動作出来るロボット
の特長を生かして、今後は自動車向けの事故防止システムなどへの
応用を目指しています。

以前AKB48がじゃんけんで勝ち上がってセンターを決めていたよう
に思うので、こんな便利なものがあったらうまく使ってセンターを
勝ち取れたかも...?  Y

マンモス

新聞に夢のような記事が載っていましたよ!

昔小学生の時に知ったマンモス(約1万年前に絶滅)をクローン技術
で復活させようと、近畿大学の研究グループとロシア東シベリア・
サハ共和国の科学アカデミーが共同を始めました。

共同研究では、2010年夏に永久凍土から発見された極めて保存の
良い、丸ごと一頭の子供マンモス「ユカ(名前が付いているんです)」
の骨髄・筋肉・皮膚などの組織片を、ロシアから近大へ提供します。

近大では、マンモスの組織片から損傷していない遺伝子を持った、
生物活性のある細胞核の抽出を目指します。

それに成功したら、核を取り除いたゾウ(普通の象)の卵細胞にマンモス
の細胞核を注入しえ、マンモスの遺伝子を持つ胚を作製します。

この胚をゾウの子宮に移植させれば、マンモスの誕生が可能になるのです。

なんでも「ユカ」ちゃんの筋肉などは「赤みを帯びていて、非常に新鮮な
状態」で、「過去にないほど良好なマンモスの組織片を入手できた。損傷
していない遺伝子を持つ細胞核と取り出せる可能性は極めて高い」と近大
グループは話しています。

想像図でしか見たことがない「マンモス」が誕生出来たら、本当に驚きです。
でも、なんでもかんでも可能(ずーっと以前にSFで詠んだ宇宙ステーションが
現実になったり)になってくると、ちょっと寂しいかな。  Y

金星の太陽面通過

ほんのちょっと前の月曜日の早朝に金環日食を見たばかりなのに、
明日の同じ頃から又々空を見上げることになりそうです。

太陽・金星・地球と一直線に並ぶ事は時々あるようですが、金星の
軌道と地球の軌道が3.4度ほど傾いているために、太陽の上か下を
通過してしまうので見る事が出来ないのです。

今回は8年ぶりの事(その前はなんと、1874年12月だった!)で、次回は
2117年12月11日ですから、今生存している人で観測可能な人は誰も
いません。

明日の午前7時過ぎから約6時間半かけて、太陽面をゆっくり移動します。
必ず日食グラスをかけ、時々目を休めながらご覧くださいね。

明日もどうぞ晴れますように!  Y

P.S. 新聞の片隅に「ロンドンのビッグベン(英国会議事堂の大時計)が、
   エリザベス女王即位60年を記念して、エリザベス・タワーと命名
   される」なんて載っていましたよ。

画期的ロボット

出生率も低迷していて、近いうちに老人ばかりの世界になるのは
誰でもが分かっています。

介護する人も体力が一番ですよね。
ベッドから起こしたり車椅子への移動やお風呂等など、本当に
体力を使います。

その中には洗髪する事も入っています。
一人で洗髪出来ないのですから、美容院や理容店などのように
椅子に座って洗って貰うのですが、それだって受ける人もする
人もどちらも大変です。

それが「人の洗髪をするロボット」が出来たんです!
人の頭の形を自動で計測し、シャンプーや温水を吹き付けながら
アームに取り付けた指状の突起物が洗浄やマッサージを行います。
洗髪にかかる時間は約15分だそうです。

今月11日から約2ヶ月の間、西宮の理容店「スーパーヘアーセオ」
で試行運用を始める事になりました。

実際に利用者の意見を集めて、今年度中の実用化を目指しています。
実用化が進めば、介護施設や病院への導入も視野にいれています。

2010年に1号機が開発されましたが、その時指は16本だったのですが
24本に増えたそうです。

素晴らしいと思いませんか?   Y

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE