プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

お盆休み

明日から来週の半ばまで夏休みの方は多いのでしょうか。

内閣改造しても好転する様子が見えてこないし、お隣のオジサンは
どんどんエスカレートしてアメリカを刺激して、そのアメリカは教養の
無いどなたかがトップなので売り言葉に買い言葉で一体どうなるの
でしょう。

もし日本に核ミサイルが飛んでくるのなら自分たちは絶対に爆心地
に居たいわねと、いつも姉と話しています。

体は大人に見えても心も頭も子供の人は、周りからどんなに言われても
言われる程むきになって自分の考えを押し通そうとするので、どんな
方法が一番良いのかとても困ります。

それでも世界には沢山の賢い政治家がいるので、最悪のケースを
避けるだけの知恵はあるんでしょうね。

そうそう、お盆休みの話でした。

皆さまはどんな計画をお持ちですか?

私は例年通りに、台所の大掃除(寒い12月を避けています)・地下室の
片付け・今年はまだ洗っていないセーター類のお洗濯・お茶で使用する
灰(炉の時期になると沢山使いますが、作るのが結構大変なんです)・
見て見ぬふりをしていた書類の整理等々やる事が山積みです。

こう言う事って年を重ねるごとに億劫になって来るんですよね。

どうぞ有意義なお休みをお過ごし下さいませ!   Y
スポンサーサイト

全国梅雨明け

いつもながらすっかりご無沙汰してしまいました。

日曜日から叔母のお守で軽井沢に行きましたが、2泊3日で全く(一回だけ食事に
出かけました)家から出ないでオサンドンに明け暮れておりました。

軽井沢というというとかなり涼しいと思いがちですが、案外蒸し暑くて寝ていていても
汗をかいてしまいしました。

やっと全国の梅雨明けがありましたが、東京はここの所雨模様のようですね。

今年の梅雨はいつ始まったのかもいつ終わったのかもはっきりせず、東京はとても
短い梅雨だったけど、いまの感じは梅雨そのものです。

長期の天気予報では今年の夏もとても暑いと言われていますが、大外れだったらと
願う私です。

どうぞ皆さまも健康な生活をお送り下さいませ!   Y

梅雨明け

すみません、又さぼってしまいました。

昨日やっと、本当にやっと梅雨が明けました。

今年の梅雨は、東京の雨がとても少なかったので梅雨という感覚が
ありませんでした。

所によっては大雨のせいで大変でしたが、関東地方は水瓶には全く
雨が降らないので取水制限が出されるのは確実ですね。

日本の、世界の気候が大きく変化してきていますので、今まで我々が
楽しんでいた「四季の移り変わり」なんて言葉は10年経ったら無くなる
かもしれません。

何か気候が変わっていくとともに人の体も心も変化して、優しい気持ち
なんてどこかに行っちゃったなんて事になったら困りますね。  Y

七夕

日本は梅雨の真っ只中なので例年天の川を見る事が少ないですが、
今年の七夕はもしかすると・・・。

地球の温暖化のせいで日本がどんどん暑くなってきています。それに
つれて天候も変化して、今年なんか7月の上旬にでも梅雨明けなんて
事があるかも知れません。

なんか以前よりやたら蒸し暑いと思いませんか?

我が家のお稽古では7月になると、叔母(義理)である師匠から頂いた
母方の祖父が描いた七夕の色紙を飾ります。

姉がベランダで大切に育てている花を籠に活けました。後ろに隠れて
いる「擬宝珠」以外は全部賄えました。ちなみに花は白と紫の桔梗・
半夏生・白い河原撫子・かやつり草に擬宝珠です。

2017年七夕床の間

2017年七夕花

この花のように世界が清々しいとよいのに。   Y

ブログ

以前は熱心に毎日書いていたブログもこの処は週に一回がやっとの
有様です。

このブログを通して友人たちが弊社(私自身のも含めて)の近況を知る
事が出来るので、なんとか頑張っているのですが・・・。

出版業界の不景気は、この業界外の方にはなかなか実感としては
感じることが出来ないでしょう。世間では少しは景気が上向いたなどと
報じられても、全く影響が無いです。

そんな中で弊社も他の会社の方も何とか良い本(本当は売れる本)を
出版したいと働いているのです。

アマゾンがある取次(本を売るための仲介業者?)を通さずに、出版社と
直接取引をしたいと表明した結果が、小さな小さな出版社である弊社にも
少なからず影響が出始めました(この事は色々なところで取り上げている
ので、興味がある方はネットでも検索して下さいな)。

これからの各出版社の出方がどうなるのか、とても心配です。

と、悲しい事ばかりじゃ心が沈むので、又お花の写真を載せます。

桂籠お床

桂籠とお軸

桂籠床柱

この花籠は「桂籠」といいます。今までお床に置いて使う事しか出来ないと
思っていたら、先日お稽古に行った時に先生は床柱にも掛けてお使いに
なっていました。それで早速真似をしてしまいました。
河原撫子、京鹿の子、山紫陽花等々すべて我が家のベランダで育てた
花たちです。

P.S. 又々隣のヘンナ小父さんはミサイルを飛ばしたようです。一体何を
   考えて、どうしようとしているのでしょう。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE