プロフィール

tousui

Author:tousui
新刊
『直良信夫の世界』

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

煮びたし

もう5回も済んでしまいましたが、土曜日の午後6時過ぎから
「みをつくし料理帖」という番組があります。

以前に北川景子さんが演じていましたが、彼女は綺麗すぎて
今の黒木華さんの方が自然のような気がしますが・・・。

番組が終了した後で、中で作っていたお料理を黒木さんが実際に
拵えています。

その中で簡単で美味しそうなものがあったのでご紹介しましょう。

材料は青菜だったら何でも良いと思うのですが、番組では根三つ葉
を使っていました。

150gと書いてありましたから大体一束です。無ければ普通の細いもの
を二束使用します。昨日私は小松菜を使いました。少し多めでも全然
大丈夫です。

それに味醂が大匙1と半分・お酒が大匙2・お水も大匙1・お醤油大匙1、
削り節少々と擦りごまも少々と、これだけです。

お鍋に味醂とお酒を沸かして、お水を加えその中に適宜に切った三つ葉
(葉の方が硬いので先に入れる)を入れてしんなりしたら火を止め削り節
もからめ、擦りごまをかける。

本当に簡単で美味しいです。今までお浸しを作る時にはお湯に青菜を
入れて、引き上げてから調味料を掛けていましたが、全然美味しさが違う
ので是非試してみて!   Y
スポンサーサイト

目に青葉 山ホトトギス 初鰹

この句はどなたでもご存知でしょう、五月の季節を視覚・聴覚・味覚
から感じる事が出来ますよね。

この句は江戸時代の山口粗堂という俳人の作品です。作品ばかりが
有名になった感がありますけど。

久し振りに「鰹」を使ったお料理をご紹介しましょう! 鰹のユッケです。

・鰹(お刺身用) 250g  (四人分です)
・紫蘇の葉 8枚
・卵黄 2個
・A 生姜 10g(すりおろして汁)、ニンニク 5g(みじん切り)、
   煎りゴマ(白―大匙 1)
・B 醤油(大匙 1と半分)、酒(小匙 1)、ゴマ油(大匙 1)

 ①AとBをボウルに合わせる
 ②鰹を柵だったら厚さ5mmの薄切りにして更に幅5mmの棒状
  に切って、①のボウルに入れて混ぜ冷蔵庫に10分位置く
 ③お皿に紫蘇の葉を敷いて②の半量を盛って、中央を少し
  へこませ卵黄を1個のせる

簡単ですよね、早速やってみます。ビールにも冷酒にもすごく
合いそうです。   Y

新じゃが芋の味噌炒め

久し振りのレシピです。

・新じゃが芋 400g ・豚ばら肉(薄切り) 200g
・調味料l:砂糖 大1、味噌 大2、酒 大1-1/2、味醂 大1
・一味唐辛子 少々

①じゃが芋はよく洗って(束子)6~8等分の櫛形に切って、水に
 さらして水気をきっておく
②お鍋にじゃが芋を入れてひたひたのお水を加え、蓋をして強火で
 沸騰するまで煮て火を弱め、8~9分茹でる。竹串をさしてやっと
 通う程度になったら笊で水気をきる
③豚肉は3センチのきって、調味料は合わせておく
④深めのフライパンで豚肉を中火で炒め、焼き色がついて脂が出て
 きたらじゃが芋を加えてさっと炒める
⑤調味料を加えて汁気をとばしながら炒めたら、器に盛って一味
 唐辛子を適宜ふって出来上がり!

新ジャガイモでまず思い浮かぶのが肉じゃがですが、これもお味噌の
味が加わってちょっと新鮮な感じで美味しいかも?  Y

今年初めてのメニューです

サラダというとどうしても「生の野菜」というイメージがあります。
でも、案外温野菜って美味しいですね。そこで・・・。

材料(4人前)
・ブロッコリー 1/2株 ・カリフラワー 1/4株 ・蕪 小3個
・塩 大1/2
・粒マスタードドレッシング(粒マスタード 大1、酢 大1、砂糖 小1/2、
 塩 小1/3、サラダ油 大1)

①ブロッコリーとカリフラワーは小房にわけ、蕪は葉を落として皮を剥き
  6等分のくし形に切る
②大き目のボウルにドレッシングを作る
③お鍋に1リットルのお湯を沸かし塩を入れ、①の野菜をカリフラワー、
  ブロッコリー、蕪の順に一呼吸おきながら加えて約2分茹でる
④野菜の水気を十分切り、熱いうちに②のボウルにいれて和える

これも十分に簡単ですが、我が家で良く作るもっと簡単なレシピをご紹介。

マヨネーズ(すこしトロトロのドレッシグを混ぜても)に明太子を混ぜ、それで
茹でたボルッコリーとカリフラワーを和えるだけ。

これは色が綺麗ですから、ちょっと食卓が賑やかになるかも。  Y

蕪のとろろ湯豆腐

本当に天候が不順な一年でしたが、ここに来て年末の寒さとは全く無縁の
お天気でした。今日は風が強くて寒い一日です。

そこで、こんな寒い日はお鍋ですね。いつもこんな事書いている気がします。

「蕪のとろろ湯豆腐」って見ただけで体があったまりそうでしょ。
(4人前)
・蕪 5~6個 ・木綿豆腐 2丁 ・水 カップ2 ・昆布 8センチ
A:片栗粉と水 各大匙1
B:醤油 50ml 味醂 大匙1 削り鰹節 4g
・薬味:生姜 大1かけ 万能ねぎ 4本

①土鍋に水カップ2と昆布を入れて30分以上おいておく
②小鍋にBを合わせて一煮立ちさて、鰹醤油を作る
③生姜をすりおろしねぎは小口切りにして薬味を作る
④蕪は皮を剥いてすりおろし、豆腐は大き目の一口大に
⑤土鍋を中火にかけて煮立つ直前で昆布を取り出し、
 すりおろした蕪を汁ごと加える。
 まわりがふつふつとしたら、火を弱めてAを加える
⑥豆腐を加え温まったら汁ごと器にとって、好みに薬味
 と鰹醤油で頂く

如何でしょうか? 簡単でかなり美味しそう!  Y

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE